メンタルメンタルコントロール集中力アップ
2016.11.15

「サイキングアップ」で限界までパワーを引き出そう│心のウォーミングアップの4つの方法

サイキングアップ‥最高のパフォーマンスのための心のウォーミングアップ

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日は、「試合で結果を出すための心のウォーミングアップ法(サイキングアップ)」についてお話していきます。

以前「試合前のメンタルで勝負が決まる!│心を整える8つの方法」や「ペップトークは知っておこう!│試合、商談、教育現場の最強コミュニケーション術」でお伝えしましたが、試合前のメンタルで勝敗が決まるといっても過言ではありません。

もちろんチームや個人の体力や技術も大切ですが、「心」「技」「体」と言われるように、メンタルも勝敗に大きな影響を与えます。

では試合前にどうやって最高のメンタルを作ればよいのか…

そのあたりを本日お話していきたいと思います。

本日もよろしくお願いします。

サイキングアップとは?

サイキングアップ(psyching up)は、試合にぴったりな集中・興奮状態にするメンタルコントロール法のことです。

心のウォーミングアップとも言われています。

試合前に、いきなり走ったり激しい運動はしません。

軽いランニングやストレッチをして、体をほぐして温めてから試合に臨みます。

それをウォーミングアップと呼びます。

それと同じように、心もウォーミングアップが必要です。

心のウォーミングアップの手段がサイキングアップということです。

サイキングアップを支える「逆U字理論」

逆U字理論とは、パフォーマンスを最大化させる最適な心理状態(覚醒水準)があるという理論です。

高いパフォーマンスを発揮するには、リラックスしすぎても緊張しすぎてもいけないのです。

近年の流行として、緊張は悪く、リラックスすることが良いことだという風潮がありますが、大切なのはバランスです。

リラックスしすぎはNGなのです。

最適な心理状態(覚醒水準)にするために、集中・興奮状態を高める方法がサイキングアップなのです。

サイキングアップの効果

1.やる気を高める

サイキングアップによって、やる気を司る脳内物質「ドーパミン」を分泌させ、脳の働きが活性化してやる気を高めます。
「ゾーン」に入る7つの方法│究極の集中力でパフォーマンスを向上させよう!

2.集中力を高める

試合だけのことのみ集中する状態を作り出します。

1つのことに全力を向けることができます。

3.筋力が上がる

重量挙げ選手が挙げる瞬間をイメージすれば分かりますが、大声を上げたり気合を入れることで一時的に筋力がアップします。

サイキングアップによって、覚醒水準となり、能力が一時的に高まるのです。

サイキングアップのやり方

ここから代表的なサイキングアップのやり方をご紹介していきます。

皆様の参考になれば幸いです。

1.呼吸法

腹式呼吸を意識し、それをテンポよく繰り返します。

リラックスしたい時は、腹式呼吸をゆっくり行うのですが、サイキングアップでは、リズムよく呼吸します。

「1・2・3」秒かけて鼻から空気を吸い、「4・5・6・7」秒かけて吐き出します。

そうすることで、適度な心拍数に調整できます。

2.リズミカルな運動

ダッシュや縄跳びなど、リズミカルな運動を繰り返すだけで興奮状態にもっていくことが出来ます。

3.パワーがみなぎるイメージトレーニング

体の中にパワーが取り込まれるイメージ、エネルギッシュな自分をイメージします。
スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

  • 憧れの選手になたイメージ
  • トラやライオンになったイメージ

などを行い、強いイメージを持ちます。

4.音楽を聴く

テンポの速い音楽を聴くと良いでしょう。

逆に緊張しすぎているときはリラックスできる音楽をオススメします。
リラックスできる音楽はこれだ!!│聴いてわかったオススメ5選

おわりに

ロゴ

いかがだったでしょうか?

緊張とリラックスのバランスの大切さをご理解いただければ幸いです。

ありがとうございました。

■関連商品はこちら

大人気!ストレッチ用ポール

筋肉の緊張をほぐしたり、マッサージ効果から血行促進・安眠にも効果があるエクササイズポールです。

ストレッチ用ポール

販売価格:2480円(税込)

失われたバランス感覚を取り戻せ!

バランス能力向上、体幹トレーニング、全身の運動、集中力アップ、気持ちのリフレッシュ、けが防止など様々なメリットが得られます。

バランスボード

販売価格:2980円(税込)
「サイキングアップ」で限界までパワーを引き出そう│心のウォーミングアップの4つの方法
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

マイケル ジョーダンの7つの名言│バスケの神様から勝負の勝ち方を学ぶ

マイケル ジョーダンの名言 言葉に責任を持つ リーダーとなるためには、行動によって 仲間から尊敬を集めなければならない。

メンタル名言

本田圭佑の名言がシビれる!│確実に夢を叶える方法と挫折の向き合い方

本田圭佑の名言 挫折は当たり前。そっから立ち直れるかどうか 何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、一度や二度の挫折は誰にでもあ

メンタルメンタルコントロール名言目標達成ノウハウ

松井秀喜の名言からスポーツ・人生の本質を学ぼう!

松井秀喜のゴジラっぷりを振り返る すでにご存知かと思いますが、今一度ゴジラ松井の凄さをおさらいしておきましょう。 松井秀喜の幼少

メンタル名言

リアルセルフ(ほんとうの自分)とパフォーマーセルフ(演じる自分)│4つのトレーニングストレスを知ろう

リアルセルフ(ほんとうの自分)とパフォーマーセルフ(演じる自分) 人は常に自分をコントロールしながら生きています。 仕事などの公の立ち場

メンタルメンタルコントロール

桑田真澄の名言と名エピソードをじっくりまとめました!┃自信・感謝・向上心の大切さ

桑田真澄の名言 試練が人を強くさせる 「試練や困難は砥石。」 桑田真澄は、ピンチや困難に直面すれば、そしてそれが大きければ大き

メンタル名言

運動が最強のストレス解消法だった!│その理由と4つの効果

運動がストレス解消に効果抜群な理由 ストレス解消というと、食事(栄養補給)や睡眠(カラダの修復)を思いつくかもしれません。 (や

ストレス解消メンタル疲労回復

気持ちをパッと切り替える6つの方法と4つの考え方

なぜ気持ちが切り替えられないのか? そもそも、人はどうして気持ちを引きずってしまうのでしょうか? 色々原因はあるかと思います

ストレス解消メンタルメンタルコントロール

高橋尚子の前向きな名言!┃現役を引退しても多方面で活躍中!

1 高橋尚子とは? 1.1 高橋尚子 生年月日:1972年5月6日 出身地:岐阜県 両親ともに教育者という家庭に第2子として

メンタル名言

リラックスできる4つの呼吸法┃ベストパフォーマンスを発揮するために

なぜリラックスが大切なのか よくスポーツや仕事などで、 「肩の力を抜け」 「リラックスしろ」 などといわれること

メンタルメンタルコントロール

【スラムダンク】安西先生の名言から初心に帰る大切さを学ぶ

スラムダンク 皆さんは恩師と呼べる人がいるでしょうか。 少なからず自分に影響を与えてくれる人はいるでしょうか。 長く生きているから

メンタル名言