システマその他
2017.08.22

ロシア特殊部隊でも採用されている「システマ」とはどんな格闘技?

システマ

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日はロシア格闘技「システマ」について書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

1、かつては国家機密とされていた軍隊格闘技

ムエタイ、テコンドー、太極拳、ブラジリアン柔術…など、世界には数多くの格闘技が存在します。

寝技や立ち技、武器を使用するものなど種類も豊富で、柔道やボクシングのようなオリンピック競技にも採用されている知名度の高いものもあれば、名前が知られていないようなマイナーなものも多数あります。

そんな格闘技のなかで近年注目を集めているのが、元ロシア軍特殊部隊員ミハイル・リャブコによって創設された軍隊格闘技「システマ」です。

システマは米ソ冷戦時代は国家機密とされていましたが、ソ連崩壊を機に徐々に一般公開され始め、現在はロシアの特殊部隊やロシア連邦保安庁他、様々な機関で導入されています。

さらにロシア以外にも米国、イギリス、ドイツなどの欧米を中心に世界各国へ広がりを見せており、日本では2005年に日本初のシステマ公式団体が発足しました。

以来、各地でセミナーやイベントが開催されています。

マイナーではあるけれど、とても奥深いマーシャルアーツとしてコアなファンが多いのですが、競技としての試合や演武がないため、なかなか一般の人が目にする機会はありませんでした。

しかし、近年では各種動画サイトに関連動画がアップロードされたり、人気バラエティ番組で紹介されたりと、その認知度は高まってきています。

2、呼吸やリラックスを常に意識することが大切

 

システマはどちらかというと護身術に近い内容で、呼吸・姿勢・リラックス(脱力)を常に意識するのが特徴です。

また、常に動き続けることも大切な要素の一つです。

練習は大まかに分けて、相手を手や足で打撃するストライクと、レスリングのように組み伏せるテイクダウンの2種類あります。

どちらを練習する時でも呼吸を意識して脱力することが大切です。

呼吸や脱力というと、試合がないことなども含めて日本の合気道を連想する人がいるかもしれません。

実際、システマはロシアの合気道と呼ばれることがあるくらい共通点があるのですが、実際は似て非なるものです。

大きな違いの一つは、システマには型が存在しない点です。

合気道には例えば片手取り入り身投げや横面打ち四方投げといったような型があり、少なくとも初心者は型稽古を通して合気道の理念や体の捌き方を習得していくことが多いのですが、システマの場合はその型がありません。

明確な技の名前もありません。

型の練習以外の方法でシステマ特有の体の使い方を習得する必要があるわけです。

そしてその体の使い方の基本となるのが、呼吸や脱力を意識することです。

システマの呼吸は鼻から吸って口から吐くのが原則ですが、通常はエネルギーを消耗しないように、大きな深呼吸ではなく軽い呼吸を心掛けます。

この呼吸の目的の一つは、自分の状態を常に一定に保つことです。
リラックスできる4つの呼吸法┃ベストパフォーマンスを発揮するために

呼吸をすることで、痛み、恐怖、緊張、興奮といった要素をコントロールし、リラックスした状態を維持することができます。

相手から打撃を受けた際には、鼻から吸って口から吐く呼吸を小刻みに繰り返す「バーストブリージング」と呼ばれる呼吸法を用いて、痛みをコントロールすると同時に短時間で体を回復させ、精神を元の状態に戻します。

この「リラックスした状態を常に維持する」ということは、想定外の出来事や困難な状況に遭遇した際、素早く柔軟に対応するためには必要不可欠なことであるとされています。

そもそもシステマが想定しているのはリング上で行う一対一の試合ではなく、何が起こるかわからない戦場です。

スポーツや試合であれば目の前の相手に集中しさえすればいいかもしれませんが、戦場ではいつの間にか敵が背後に忍び寄っていることや足場の悪い危険な状況で戦わざるをえないことも考えられます。
「集中」は4種類あった!│内的・外的集中を使い分けて集中力を高める

このような場合、興奮してパニック状態になると、命が危険に晒されることになるので、自分の周囲の状況を把握し、正しく対処するためには常に冷静でいることが求められます。

ストライクの練習をする際には、筋力を使って相手を思い切り殴るのではなく、できる限りいい姿勢やポジションをキープしつつ、リラックスした状態で打撃を繰り出します。

相手を目の前にすると、つい興奮して力任せに倒そうとしてしまいがちですが、筋力を思い切り使おうとすると体に緊張が生まれ、スムーズに次の動きにつなげることが困難になります。

また、相手を興奮させたりイライラさせたりすることで、抵抗が激しくなることも考えられます。

これらのことを防ぐためにリラックスすることが大切なのです。

また、体に緊張を生じさせないためには常に動き続けることも大切なポイントです。

1か所に留まると体が固定化し、それが緊張につながり、結果的に自由で柔軟な動きが妨げられることになります。

さらに、動き続けることで、相手のペースに合わされてしまうことを防ぐこともできます。

また、動き続けなければならないというのは、体だけではなく精神面においても同様です。

一つの感情にとらわれることなく、気持ちや心も周囲の状況に応じて柔軟に変化させていく必要があるということです。

これらのポイントはストライクだけではなくテイクダウンの練習の時も基本的には同じです。

まとめ

ロゴ

 

ハードな戦場を生き抜くためのこのような実践的なシステマの原理原則は、日常生活のあらゆる場面に応用することが可能です。

訓練すれば、例えば通勤途中の満員電車で人に押された時や職場でストレスを感じた時なども、呼吸に意識を向けることで感情をコントロールし、リラックスできるようになります。

とはいえ、口で説明するのは簡単ですが、実際にやってみるとなかなか難しいです。

実践的なレベルまで身に着けるためには、かなりの鍛錬が必要となります。

システマのトレーニングをしている人には他の武道や格闘技の経験者も多いのですが、それらの経験が全くない人の場合、最初のうちは素手で相手を軽く攻撃したり、相手の攻撃を受けたりするだけでも緊張すると思います。

でも、インストラクターが基本から丁寧に教えてくれるので、全くの初心者であっても問題ありません。

現在、システマのトレーニングができる団体は東京や大阪を中心に全国各地にあり、各団体のホームページ上にトレーニングのスケジュールやセミナーの情報が掲載されています。
システマジャパン

会員でなくても体験という形で気軽に練習に参加することができる団体も多いので、興味がある方はぜひ一度、参加してみてはいかがでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

■関連商品はこちら

大人気!エクササイズポール

簡単にエクササイズやストレッチ・運動が可能なエクササイズポールです。

ストレッチ用ポール

販売価格:3480円(税込)

100kgまでトレーニング可能!握力の限界に挑め1

スプリングの位置を変更することで強度を調整し、前腕や握力を鍛えることができるトレーニング器具です。

スーパーグリッパー

販売価格:2480円(税込)
グロングブログ編集部
スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

大谷翔平の獲得を成功させた日ハムのプレゼン資料に学ぶNOをYESに変える交渉術

大谷翔平とは? 1/7から「侍ジャパン応援宣言!~WBC世界一奪還へ~」がテレビ朝日でスタート!第1回目は大谷翔平選手にインタビュー。

その他

札幌(北海道)のランニングスポットは「前田森林公園」で決まり!!ただの公園じゃありませんよ。

春はランニングですね 北海道は、3月中はまだ春とは言えません・・・ ですが、雪の下敷きになっていたコンクリートが顔を出すと、北海道人はも

その他

なぜプロがオリンピックボクシングに出場しないのか?│五輪ボクシングの歴史と意味合いを分かりやすく解説

アマチュアボクシング最大の目標がオリンピック 9万人を集めて行われるヘビー級メガファイト! 『生中継!エキサイトマッチ アンソニー・

その他ボクシング

フットサルで社会性が身につく!│社会との4つの共通点

フットサルは社会で活躍する力を授ける 近年フットサルというスポーツが人気を博しています。 聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

その他フットサル

発表します。東京で開催される大注目のスポーツイベント10選!

東京のスポーツイベントをまとめました 【東京アスリート認定制度】Pick Up!記事を更新しました。第12回目は【オリンピックを目指す選手

その他

総合格闘技にハマろう!総合格闘技のルールと魅力を紹介をします!

はじめに こんにちは! 早速ですが、皆さんは総合格闘技という競技を知っていますか? 格闘技と言えばボクシングを思い浮か

その他総合格闘技

アメフトNFLのレジェンドQB、「ペイトン・マニング」のプレースタイルとリーダーシップ

アメフト界のレジェンド「ペイトン・マニング」 毎年2月に行われるスーパーボウルは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のチャンピオン

アメフトその他

わりと違う!リードクライミングとボルダリングの7つの違い

リードクライミングとは? リードクライミングは命綱にロープを付けて高い壁を登るクライミングです。 高所ゆえのスリルも相まって

その他

一度始めるとクセになる乗馬の魅力とは?

はじめに 観光牧場などで行われている引き馬体験などで、馬に跨ったことのある人は少なくないでしょう。 でもその時の感想はあまり強い

その他乗馬

都内のオススメ健康スポットをまとめました!│健康カフェ・健康こみち・健康サロンをめぐるこんな一日

皇居周辺は東京ランナーの定番コース 季節の風や匂いを感じながら走り抜け、シャワーで汗を流したなら、今日はこのままエネルギー充電のための

その他