その他名言
2017.03.16

浅田真央の名言Ⅲ│技術は尽きない、常に上があるということ

浅田真央さんの名言

こんにちは、GronGブログ編集部です。
本日は浅田真央さんの名言をご紹介します。
いまや日本国民で浅田真央さんを知らない人は少ないでしょう。
国民的スターで愛される浅田真央さんは、努力の塊のようです。
浅田真央さんがどのように練習や競技、日常を過ごしているのかを学んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。

浅田真央とは?

浅田真央とは、1990年9月25日生まれの愛知県出身。
2010年のバンクーバーオリンピックで銀メダリストになったことをはじめ、世界選手権でもこれまで三度の優勝をしている、世界を代表する女子フィギュアスケーターです。
そのバンクーバーオリンピックでは女子で初めて1つの競技で三回のトリプルアクセルを成功させました。
そんな浅田真央さんの名言をご紹介します。

浅田真央さんの名言

「いつも通り、というのが今大切にしている言葉です」

とても深い言葉です。
いつも通りという事は簡単なことに思えて実は難しいことです。
人間は色んな環境や状況に置かれることにより感情が動いたり言動に変化が表れたりします。
昨日普通にできたことが今日同じようにできるとは限りません。
もしかしたら風邪をひいてしまうかもしれません。
足を怪我してしまうかもしれません。
誰かに強い言葉を浴びせられて気持ちが傾いてしまうこともあります。
気持ちをパッと切り替える6つの方法と4つの考え方
浅田選手の「いつも通り」とは、日常生活も含めてのことなのでしょう。
毎日のように決まった時間に起きて食事をする。
いつものように練習に励み、決まった時間に寝る。
このように毎日のことを当たり前のようにこなしていくことが心の安定につながります。
これがずれたり変わってしまうと気持ちの変化が表れて、試合にも影響してしまうのです。
そうならないためにも、当たり前に決められた毎日を過ごし、体調管理をはじめ、強い精神力を持つことなどが大切であると浅田選手は言っているのですね。
そんなブレない選手がトップをとれるのだと、彼女は知っているのです。
今日はできたトリプルアクセルが明日はできないなんてことは許されません。
いつやっても完璧に成功させることを当たり前にしなければならないのです。
いつも通り、難しいことですが彼女はそれに向かっているのです。

「1位になるにはノーミスしかなかった。
2位は悔しいけど、今は嬉しい」

浅田選手の強さと向上心が感じられる言葉です。
この言葉は2007年3月に行われたフィギュアスケート選手権での競技後のものです。
この時はショートプログラムで5位という不本意な成績でした。
この後のフリーの演技で当時歴代最高得点をたたき出したものの、トップとは僅差の2位でした。
結果的に2位で終わってしまった。
常にトップを狙っている彼女としては1位をとれないことは悔しさ以外に何もないでしょう。
しかし彼女はそれでも今は嬉しいというのです。
これは彼女が全力を出し切ったという事の表れではないでしょうか。
全てを出し切って2位だったのであれば素直に認められる、1位の選手は自分よりも上だったと悟ることができたのですね。
ミスをしたことも今の自分を見つめたうえで全力のうちだったのでしょう。

しかしミスをしなければ1位をとれると自信があるのです。
そこには、まだ自分には伸びしろがあるという事を解っているからこその言葉です。
そんな目標も同時に得ることができて、その時は2位だったけれど何か清々しい気持ちになれたのでしょう。
目標設定の方法とsmartの法則│夢・目的のために目標設定が必要な3つの理由
今の自分を認めること、そして今より良くしていくことを考えて実行していくこと。
これが成長なんだと教えてくれているような言葉です。

「努力しないで天才になれたらいいな」

トップアスリートというのは私たちから見ると才能の塊というように見えてしまいます。
浅田選手もやはり、才能があるから世界のトップレベルの選手なんだろうと思ってしまいます。
そんな方たちを我々は天才と言っています。
天才はどんなことでも簡単にやってのけてしまう、そんなイメージですね。
しかし彼女のこの言葉はそんなことはないと教えてくれているのです。
どんなに才能があろうとも、努力をしなければ天才にはなれないと、自分の体験をもとに言ったのでしょう。
誰よりも練習をして、誰よりも高い壁を乗り越えて、とてつもない努力をしたからこそ彼女はトップになれたのです。
楽にのぼりつめたわけではありません。

もしかしたら才能というものは努力があって初めて生まれてくるものかもしれないとも感じさせてくれます。

そしてこれはもう1つのメッセージが隠れているのではないでしょうか。
それは、努力をすれば誰だって目標を達成できるという事です。
目的と目標の違いを知って、確実に成果を上げる人間になる!
それを浅田選手は実現してみせたのではないでしょうか。

「昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない」

人は難しいことがいきなりできるという事はありません。
日々の練習や勉強、そんな努力の積み重ねで難しいと思っていたことが少しずつ達成に近づいていきます。
この言葉はそんな風に思わせてくれます。
1日1日の練習は確実に人を成長させてくれているのです。
昨日の努力が今日につながり、また今日の努力は明日につながるのです。
そういう自信を自分に持つための一言なのではないでしょうか。

アスリートにとってやはり自信がなくては勝負になりません。
昨日まであんなに練習したのに今日は上手くできるのだろうか、なんて考えながら試合に出る人がいるでしょうか。
もちろん、昨日まであれだけ練習してきたのだから今日は絶対にできるはず、そう思っているはずですよね。
自分を信じることの大切さを教えてくれる一言です。

「技術って尽きない。毎日でも新しいことを吸収して、何歳になっても向上を目指していきたい」

浅田選手の強さの理由の1つなのではないでしょうか。
人は何かに取り組むとき目標を定めます。
最初は簡単なところ設定し、達成したら次のステップへ。
その繰り返しで少しずつ向上していくものです。
しかしその目標を定めなくなった時、成長は止まります。
自分に限界を感じてしまったとき、もうそれ以上の結果は出すことはできないでしょう。
スポーツ選手が引退を決めるときはそういう時なのではないでしょうか。

しかし浅田選手のこの言葉は、人間に限界はないと気づかせてくれます。
フィギュアスケートの世界では女子はトリプルアクセル、男性なら四回転というハイレベルな技を持っている方は何人かおります。
しかし、ほんの20年程前くらいにそれができた選手はどれだけいたでしょうか。

常に上を、常に新しいものを取り入れようとすれば、いつかはモノにできるのだと、彼女は言っているのですね。

「悔しさを忘れないように、銀メダルは見えるところに置いておきます」

プロ意識の高さを感じる一言です。
浅田選手ともなると、常に金メダルを取る気持ちでいることでしょう。
しかし銀メダルに終わってしまったとき、悔しくて次は絶対に金を取るという気持ちは自然と出ていると思います。
その悔しさをあえて見える場所に置いておくという事は、その次にかける気持ちの半端のなさ、強さが伺えます。
自分のメダルの色はこれではない、常に自分に言い聞かせているのですね。
毎日意識しているのです。
自分の弱さを受け入れて、同時に自分にプレッシャーをかけ続ける。
とても強い精神を持っているからこその行動ではないでしょうか。

おわりに

ロゴ
浅田選手の強さは言葉にも表れています。
これらの言葉はトップアスリートだけでなく、私たちにも刺激を与える言葉だと感じます。
皆さんの仕事でもプライベートでも、受け入れたい言葉が必ず見つかると思います。
ありがとうございました。

■関連商品はこちら

失われたバランス感覚を取り戻せ!

バランス能力向上、体幹トレーニング、全身の運動、集中力アップ、気持ちのリフレッシュ、けが防止など様々なメリットが得られます。

バランスボード

販売価格:2980円(税込)
浅田真央の名言Ⅲ│技術は尽きない、常に上があるということ
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。 スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

中学生の野球チームにおける体力測定で感じたこと

積極的に測定に取り組む子ども達 時代が時代なら元服と言う通過儀礼を終えて、成人にあたる年齢。 立派にカラダが成長した子、まだまだ成長過程

その他島袋トレーナー

【初心者向け】ボルダリングスキルを上げるための4つの心構え│ジム通いを続けること

1.練習は絶やさない ボルダリングを上達させるために一番大切なことは、定期的にジムに行って練習をすることです。 (初心者必見!ボルダリン

その他ボルダリング

達成感がハンパじゃない!ボルダリングの魅力とおもしろさをお伝えします

クリアしたときの喜び ボルダリングを初めてやったときにまたやりたいと思った1番の理由は、課題をクリアした(登り終えた)ときの達成感がた

その他ボルダリング

今すぐしたくなる!フットサルの魅力と楽しさを9つ紹介します!

フットサルが、今アツイ! 【フットサル日本代表欧州遠征】vs.スロベニア🇸🇮第3戦は、前後半で3失点。得点を挙げることができず、3-0

その他フットサル

フットサルで社会性が身につく!│社会との4つの共通点

フットサルは社会で活躍する力を授ける 近年フットサルというスポーツが人気を博しています。 聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

その他フットサル

オリンピック追加種目に決定!「リードクライミング」のルールと5つの魅力をご紹介

リードクライミングとは? 2020年のオリンピックの正式種目に決定したスポーツクライミング。 その中でもロープを付けて高い壁を登るリ

その他

BMX(ビーエムエックス)の目の付けどころをレースとフリー別に解説

そもそもBMXとは? まず簡単にBMXについて説明します。 BMXは20インチ径ホイールの専用バイクに乗り、ゴールに着く速さ

BMXその他

高橋尚子の前向きな名言!┃現役を引退しても多方面で活躍中!

1 高橋尚子とは? 1.1 高橋尚子 生年月日:1972年5月6日 出身地:岐阜県 両親ともに教育者という家庭に第2子として

メンタル名言

日本一アツい男!松岡修造の名言から明るくなれる考え方を学ぶ

松岡修造とは? 松岡修造 1967年11月6日生まれ。 身長188cm、体重85kg。 大型ビッグサーバーとして強烈なサ

その他名言

マジで過酷!ボクサーの練習・トレーニング内容を知りたい方はこちら

ボクサーのトレーニング ボクサーのトレーニングは過酷です。 もちろんレベルや指導者によって多少の違いはありますが、ここでは実体験を踏

その他ボクシング