BMXその他
2017.08.10

BMX(ビーエムエックス)の目の付けどころをレースとフリー別に解説

BMX(ビーエムエックス)

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日はBMX(ビーエムエックス)の見どころをご紹介しますので、よろしくお願いします。

そもそもBMXとは?

まず簡単にBMXについて説明します。

BMXは20インチ径ホイールの専用バイクに乗り、ゴールに着く速さを競ったり、様々な技を披露する競技です。

BMXは大きく分けると、レースとフリースタイルに分けることができます。

レースは、デコボコやカーブなどのコースをこなし、より速く走るという競技です。

フリースタイルは制限時間の中で様々な技を披露し、ジャッジによるポイントで順位を決める競技です。

下にレースとフリースタイルの動画を紹介します。

<レース>

<フリースタイル>

BMXの見どころ〜レース〜

それではBMXの見どころについて紹介したいと思います。

まずはレースの見どころです。

まず、最初のスタートが1つの見どころとなっています。

特に見どころなのはスタートの切り方と坂の下り方です。

レースはスタートからゴールまで30秒程度の長さとなっています。

スタートからゴールまで全力を出しても、後半ではスピードが落ちてきます。

そのためスピードを維持することも重要ですが、最初にどれだけ大きな速度を出せるかも重要となってきます。

また、最初のスタートで出遅れてしまうと他の選手を追い抜かないといけなくなります。

そのため前の選手とは別のコースを通らないといけなくなって、自分の思った通りに走れないことがあるので少し不利になります。

スタートは合図の後にスタートゲートが倒れ、走り出せるようになっています。

このタイミングを合わせるのが難しいため、スタートの切り方が速度を上げるのに重要となっています。

そしてスタート直後にはスタートヒルという丘を下るセクションに入ります。

このセクションで坂をうまく使ってスピードを上げるのが重要となります。

次の見どころが、選手の技術です。

コースの途中には特徴的な起伏があり、この部分で選手はジャンプするのですが、ここの技術が勝敗を分けます。

着地の際、地面の角度と自転車のタイヤの角度を合わせた方がスムーズに走り出せます。

この角度がずれると、自転車が不安定となって着地後にスピードが出しきれません。

最悪の場合、安定せずに倒れることもあります。

このためジャンプした後の着地を予測し、地面の角度と自転車のタイヤの角度を合わせる必要があります。

また、カーブの部分ではなるべくスピードを維持して距離の短い内側を回ることも大切です。

そのため、カーブに入る前の位置取りやカーブ中の軌道、体重のかけ方などといった技術が求められるのです。

最後に、BMXの最大の見どころは何と言っても選手同士の駆け引きではないでしょうか。

BMXの特徴は、最大8人の選手が同時にコースを走ることです。

そのため出遅れたら前の選手を追い抜かないといけなくなります。

そこでカーブの入り方やジャンプの飛び方などを考える必要が出てきます。

特にカーブのところでは駆け引きが行われるので見どころとなっています。

具体的には、カーブを大きく回るのかそれとも距離を縮めるために小さく回るのか、追い抜きの時も左右どちら側から追い抜くかといった駆け引きが行われます。

・BMXの見どころ 〜フリースタイル〜

それでは次にフリースタイルの見どころについて紹介したいと思います。

フリースタイルは選手が制限時間内に技を披露し、ジャッジによる得点で順位をつけます。

フリースタイルには多数の丘があるフィールドで技を披露するトレイル、平らな地面で技を披露するフットランド、街中の階段や手すり、壁などを利用するストリートなどの分類があります。

フリースタイルの見どころは、やはり選手が繰り出す技です。

トレイルでは坂が用意されているため空中技が多く繰り広げられます。

そのためジャンプの高さや美しさ、空中での技が見どころとなっています。

フットランドでは坂がないため、トレイルよりも地味に思う方が多いかもしれません。

しかし通常では考えられないような体勢で自転車を漕いだり、回転するところが魅力的です。

一度こちらの動画をご覧ください。

BMXにはタイヤの中心から横にクランクという棒があります。

選手はこの棒の上に立つことでタイヤの回転を止めることなくペダルから足を離し、自転車の上に立つことができます。

ここに立つことでタイヤやハンドル、ペダルなどを自由に操ります。

こうした技や個性といったところがフットランドの見どころです。

最後にストリートの見どころですが、これは街中の手すりや壁をどのように使うかといったところが見どころです。

同じ障害物でもそこで自転車を回転させたり止まったり、下り方を変えたりするだけで全然違った技に見えます。

こうした技の個性が見どころです。

まとめ

ロゴ

ここまでBMXの見どころについて紹介してきました。

レース、フリースタイル共に魅力があることに気づいていただけたでしょうか。

気になった方は是非BMXを見てみてください。
https://japanbmx.com/

お読みいただき、ありがとうございました。

■関連商品はこちら

失われたバランス感覚を取り戻せ!

バランス能力向上、体幹トレーニング、全身の運動、集中力アップ、気持ちのリフレッシュ、けが防止など様々なメリットが得られます。

バランスボード

販売価格:3480円(税込)

腕立てのその先へ

しっかり握ることができるグリップ構造やフローリングでも滑りにくい4点滑り止めなど細かい点まで工夫がなされたプッシュアップバーです。

プッシュアップバー

販売価格:999円(税込)
BMX(ビーエムエックス)の目の付けどころをレースとフリー別に解説
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。 スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

マジで過酷!ボクサーの練習・トレーニング内容を知りたい方はこちら

ボクサーのトレーニング ボクサーのトレーニングは過酷です。 もちろんレベルや指導者によって多少の違いはありますが、ここでは実体験を踏

その他ボクシング

上手く当てるコツを解説!体験アーチェリーを楽しもう

はじめに レジャーランドや室内スポーツ遊技場などで、アーチェリーを体験したことはありますか? アーチェリーは弓と矢を使って的を狙う、

アーチェリーその他

東京で木陰に囲まれた玉川上水ランニング・ウォーキングコース4選!│文学と自然を体感

初夏からはじめられる玉川上水のランニングコースをご紹介 初夏からランニングをはじめるには、少しでも直射日光を避けることが大切になります。

ウォーキングその他ランニング

アーチェリーがもたらすダイエット効果とメンタル強化の関係性

はじめに アーチェリーは一見、立って矢を放っているだけに見えますよね。 でも実はさまざまなダイエット効果が期待できるんです。

アーチェリーその他

『「レジリエンス」の鍛え方』(久世浩司)│レジリエンスとポジティブシンキングは違う

レジリエンスとポジティブシンキングは違う ひとつ覚えておいてほしいのは、レジリエンスはポジティブ・シンキングとは異なるということです。

おすすめ本その他

アメフトNFLのレジェンドQB、「ペイトン・マニング」のプレースタイルとリーダーシップ

アメフト界のレジェンド「ペイトン・マニング」 毎年2月に行われるスーパーボウルは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のチャンピオン

アメフトその他

「スペシャルオリンピックス」は知的障がい者のためのオリンピック┃ユニークな5つの特徴

スペシャルオリンピックス(SO)とは? スペシャルオリンピックス(SO)は知的発達障害者の自立や社会参加を目的として、日常的なスポーツ

その他

サッカー日本代表観戦ガイド│前日・当日に準備すべきアイテムと観戦の楽しみ方

はじめに アジア最終予選の初戦に敗れたサッカー日本代表でしたが、その後の巻き返しによって、グループBを1位で通過し、見事2018年6月に開

サッカーその他

東京の調布飛行場にある滑走路近くのおすすめランニングコース

ジェット機が飛び立つ姿を眺めながらランニングを始めませんか 子どもの頃に飛行機が大きな音をあげて飛び立つ姿に力強さを感じたことがありません

その他ランニング

一度始めるとクセになる乗馬の魅力とは?

はじめに 観光牧場などで行われている引き馬体験などで、馬に跨ったことのある人は少なくないでしょう。 でもその時の感想はあまり強い

その他乗馬