その他ボルダリング
2017.06.19

楽しすぎ!今すぐしたくなるボルダリングの魅力10選!

ボルダリング…おすすめ

こんにちは、GronGブログ編集部です。
本日は会社帰りにボルダリングに行って汗を流す方の寄稿記事です。
ボルダリングの魅力を語っていただきましたので、よろしくお願いします。

ボルダリングの魅力

みなさん、ボルダリングを知っていますか?
一言で言うなら「壁についているホールドを登り、ゴールを目指すスポーツ」です!

こんな感じの壁、体育館やスポーツセンターなどでも見たことありませんか?
この突起物のことを「ホールド」と呼びます。
このホールドには形や色など様々な種類があり、見ていて鮮やかなのもボルダリングの特徴です!
また、東京五輪にも新たに種目として追加されます!
(ボルダリング体験のための持ち物、準備、流れについて┃東京2020オリンピックの正式種目に!)
よくSNSで「ボルダリング行ってきました!」みたいなつぶやきが増えましたね。
流行ってきているのもあるし、壁の鮮やかさからSNS映えもするのかなと思います。笑
私も初めて体験した日からすっかりボルダリングにハマってしまい、今では毎週会社帰りに汗を流しています。
どんなスポーツなのか簡単に説明しましょう。

ボルダリングの流れ

①着替える

動きやすい服装ならなんでもよいです。
靴は専用のものを履きましょう。
ボルダリングジムならレンタルできます!
登る前は手に滑り止めのチョークを塗りましょう!

②どのコースを登るか決める

難易度ごとに登ることができるホールドが決まっています。
同じホールドでも、その組み合わせによって初級者から上級者まで様々なコースが設定されています。

③登る

手と足を使って登っていきます。
このとき、登る前にイメージした通りに登れているかがポイントです。

登っている最中は体勢がきつかったり、視界が悪いのでイメージを頼りに登っていくことになるためです。
ゴールのホールドに両手を引っ掛けることができればゴールです!
ルールはこれだけです!
シンプルですが、奥が深いスポーツですよ!
では、私が思うボルダリングの魅力を紹介します!

私が思うボルダリングの魅力

初心者でも楽しめる!

ボルダリングのコースには、初心者から上級者まで幅広いコースが設定されています。
上級者と同じ壁で練習することができるので、得意な友達と一緒に行っても楽しむことができます!
また、どんな上級者でも連続して登るのはきついので休憩をよくはさみます。
なので上級者が壁をずっと使っている…なんてことはまずありません!
初心者でも思う存分楽しむことができます!

年齢、体型に関係なく楽しめる!

ボルダリングジムには様々な人が来ています。
ダイエットのために来ている方はもちろん、お子さんと一緒に楽しんでる方もいます。
難しい準備がいらない分、誰でも始めやすいのも特徴です!

競技として楽しい!

ゴールできたときの達成感は他のスポーツでは味わえません。
サッカーなどのチームスポーツよりは、登山に近いかもしれませんね。
少しずつレベルの高いコースに挑戦し、クリアしていくことがボルダリングの醍醐味です。

持ち物が少なく、会社帰りにも行きやすい!

持ち物はウェアだけです。
シューズはレンタルサービスがあるので持っていく必要はありません。
滑り止めのチョークも無料で貸してくれるところもあるので、チェックしておきましょう!

頭を使う!

文字通り「頭を使って」登るわけではありません笑
コースを決めるときに、どのように登るか考える必要があります!
「あそこに左足をかけよう」とか「あのホールドを起点にして体を伸ばそう」など、自分がどのように体を使うか先に考えておくのです。

登っている最中は、コースを決める余裕はほぼないためです。

視界は自分の正面しか見ることができず、休憩して考えることもできません。

しかし実際に登ってみると、イメージしていた動きが全くできないことが多いです。
それだけ、自分のイメージ通りに登れたときの達成感は格別です!

怪我が少なく安全!

壁の下には必ずマットが敷いてあります。
なので、失敗して落ちてもまず大怪我にはなりません!
他の人が登っているときは近づかないようにルールが徹底されているので、ぶつかったりすることもないです。

筋トレになる!

私は週に3回はジムで筋トレしていますが、ボルダリングに行ったときが一番筋肉痛になります。
これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法
特に前腕と指の筋肉にビシビシきます笑
ボルダリングは、きつい体勢を維持することが多いので全身の筋肉をフルに使うことができます。
もちろん、かなり汗をかくのでダイエットにも効果的ですよ!

仲間ができる!

同じコースをなかなかクリアできない人に、アドバイスをしてあげる上級者の姿をよく見ます。
普通のジムのように、ただ自分のためだけにトレーニングするという方はあまりいません。
ボルダリングを通して交流をすることが目的の人もよくいるので、趣味の仲間を増やすこともできます!

非日常な体験ができる!

当然ですが、ボルダリングはボルダリングジムでしかできません。
崖を登ることなんて日常生活ではまず経験できないでしょう笑
ボルダリングにハマっている人には、非日常体験を求めている方も大勢います。

季節、天候に関係なく楽しめる!

ボルダリングジムは屋内にあります。
なので、雨の日でも暑い日も寒い日も楽しむことができます!
オールシーズン同じ環境でできるスポーツはかなり珍しいのではないでしょうか。

おわりに

以上が私の思うボルダリングの魅力です!
私も友人に勧められて始めてみましたが、見事にハマってしまいました笑
少しでもクリアできるコースを増やすことを目標に頑張っています!
ぜひ、一度ボルダリングを体験してみてください!

ボルダリング中の私です笑
こんな急傾斜にも挑戦してます!
お読みいただき、ありがとうございました。

■関連商品はこちら

二重ベルトでがっちり固定!メッシュ素材で汗むれ軽減

腹圧改善、姿勢矯正、腰痛改善※腹圧改善、姿勢矯正によりダイエット効果が得られます

ダイエットベルト

販売価格:1480円(税込)

100kgまでトレーニング可能!握力の限界に挑め1

スプリングの位置を変更することで強度を調整し、前腕や握力を鍛えることができるトレーニング器具です。

スーパーグリッパー

販売価格:2480円(税込)

手首の保護と滑り止め!

トレーニンググローブは、ベンチプレスといったウエイトトレーニングで使用するサポート器具です。

トレーニンググローブ

販売価格:1480円(税込)

大人気!エクササイズポール

簡単にエクササイズやストレッチ・運動が可能なエクササイズポールです。

ストレッチ用ポール

販売価格:3480円(税込)
楽しすぎ!今すぐしたくなるボルダリングの魅力10選!
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。 スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

バレエの5つの種類と魅力を経験者が語る│なぜバレエは全てのダンスの基本と言われるのか

はじめに バレエといえば、きらびやかなティアラや華やかな衣装が頭に浮かびます。 そして、しなやかな強さと儚さを兼ね備えた美しい肉体を

その他バレエ

今すぐしたくなる!フットサルの魅力と楽しさを9つ紹介します!

フットサルが、今アツイ! 【フットサル日本代表欧州遠征】vs.スロベニア🇸🇮第3戦は、前後半で3失点。得点を挙げることができず、3-0

その他フットサル

サッカー日本代表観戦ガイド│前日・当日に準備すべきアイテムと観戦の楽しみ方

はじめに アジア最終予選の初戦に敗れたサッカー日本代表でしたが、その後の巻き返しによって、グループBを1位で通過し、見事2018年6月に開

サッカーその他

4泳法(水泳)で速く泳ぐための食事方法:グリコーゲンローディング

はじめに 競泳選手は速く泳ぐためにフォームの改善やトレーニングを行い、瞬発力や持久力をつけたりしますよね。 (4泳法(水泳)を速く泳ぐた

その他水泳

4泳法(水泳)を速く泳ぐための3つのトレーニング方法とその効果

はじめに 競泳をやっていたらやはり速く泳げるようになりたいですよね。 速く泳ぐにはきれいなフォームも必要ですが、生理学的な能力を高め

その他水泳

一度始めるとクセになる乗馬の魅力とは?

はじめに 観光牧場などで行われている引き馬体験などで、馬に跨ったことのある人は少なくないでしょう。 でもその時の感想はあまり強い

その他乗馬

最高速度で泳ぐための2つのコツ│けのびとキャッチを極める

はじめに 水泳をやっているなら誰でも速く泳げるようになりたいですよね。 今回はそんな方のために4泳法を速く泳ぐために重要なポ

その他水泳

オリンピック追加種目に決定!「リードクライミング」のルールと5つの魅力をご紹介

リードクライミングとは? 2020年のオリンピックの正式種目に決定したスポーツクライミング。 その中でもロープを付けて高い壁を登るリ

その他

初心者必見!ボルダリングに必要な道具とあると便利な物をまとめました

ボルダリングのアイテム ボルダリングとは、自分の手足のみを使ってホールドを登っていき、ゴールを目指すスポーツです。 (達成感がハンパじゃ

その他ボルダリング

都内のオススメ健康スポットをまとめました!│健康カフェ・健康こみち・健康サロンをめぐるこんな一日

皇居周辺は東京ランナーの定番コース 季節の風や匂いを感じながら走り抜け、シャワーで汗を流したなら、今日はこのままエネルギー充電のための

その他