その他ボルダリング
2017.06.28

達成感がハンパじゃない!ボルダリングの魅力とおもしろさをお伝えします

ハマる人続出のボルダリング

こんにちは、GronGブログ編集部です。
本日はボルダリングを続けていらっしゃる方の寄稿記事です。
ボルダリングの楽しさと魅力をお書きいただきましたので、よろしくお願いします。

クリアしたときの喜び


ボルダリングを初めてやったときにまたやりたいと思った1番の理由は、課題をクリアした(登り終えた)ときの達成感がたまらなかったからです。
なかなかクリアできない課題を、手や腕が痛くなりながら何度も挑戦して、やっとの思いで登り終えたとき、諦めずに粘り強く挑戦し続けて良かったと心から思います。
同時に自分は上達し、この調子でもっと難しい課題にも挑戦してみようと思えるようになります。
ボルダリングは課題の中に大体1つは「核心」と呼ばれる特に難しいところがあり、そこを何度も練習することになります。
難しい課題の核心は、最初に登ったときには絶対にクリアできないと思っていても何度か繰り返し挑んでいるといつのまにかコツのようなものを掴むことができ、最終的には体が登り方を覚えて自動化されるようになります。
あのときはなんで登れなかったのだろうと思うことさえあります。
このいつのまにか自動化されることも、自分が成長できているのだと思い喜びとなります。
クリアできたときの達成感は私だけではなく、みんなも同じように感じていると思います。
以前、同僚とボルダリングに行ったとき、その同僚はボルダリング未経験でした。
初めてボルダリングをやった感想はやはり達成感があるとの事でした。
普段、仕事ではなんの達成感もなくてやりがいを感じることがなかったけど、ボルダリングは登り終えた後がとても気持ちが良いと語っていました。
ちなみにその同僚はボルダリングにはまり、よく私を誘って仕事帰りにジムに誘ってくるようになりました。
楽しすぎ!今すぐしたくなるボルダリングの魅力10選!
課題をクリアすると、周りの人から「ナイス!」などと言ってもらったり、グータッチをしてもらったりするので、一層達成感が感じられると思います。
頑張ってクリアしても、誰も見てなくて1人で喜ぶよりは、周りの人と喜びを共有できることは良いものです。
これをきっかけに知らない人とも仲良くなれて、ボルダリング仲間となります。
仲間が自分と同じレベルの人だと同じ課題に挑戦して、競ったり登り方のコツなどを教え合ったりします。
仲間が増えるとさらに頑張ろうとかいち早くクリアしたいという思いから、またクライミングジムに行きたくなるのです。

コンペで競う


ジムによってはコンペが開催されます。
同じジムに通い続けているとスタッフからコンペに参加しないかと誘われるようになります。
ジムによりますが、小規模なコンペを毎週やるところもありますし、大規模なコンペを年に数回やるところもあります。
大規模なコンペになると初心者、中級者、上級者といったようなグループで競うのが一般的です。
大規模なコンペの場合は、コンペが近くなると少しでも練習したいと思いから、モチベーションがアップして頻繁にジムに通うようになります。
これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法
中にはコンペに向けて体重を増やさないよう、減量をしている人もいました。
プロのクライマーというわけでもないのに、コンペにそこまでの情熱を注ぐ人も中にはいます。
コンペはペルトコンベア方式とセッション方式があり、ペルトコンベア方式は課題に選手が順番に案内されて他の選手が登っているのを見られません。
もう1つのセッション方式は課題に一斉に選手が挑み、他の選手が登っている待ち時間は登っているのを見ることができるので、それをお手本に登っても良いのです。
大規模なコンペでジムがあまり広くない場合はセッション方式で選抜を行い、決勝戦はペルトコンベア方式でやるのが一般的です。
セッション方式は他の選手が登っているときに登り方を参考にしたり、課題をよく視察して登り方を確認したりするべきですが、一生懸命登っている選手を見ていると選手と気持ちが連動してしまい、力んでしまいます。
普段とは違ってコンペは課題にかける思いがまた違うのです。
その思いで登っている選手の姿を見ているとついつい気持ちが入ってしまい、「ガンバ」と皆で応援してしまうのです。
コンペは本当に普段とは違い、登っているときの力の入り方が変わると思います。
その理由は他の選手や観客が集中して自分を見てくれているからです。
このプレッシャーがいつもは出せていない力を引き出しているなだと思います。
羽生結弦のキャリアと名言┃プレッシャーの先に、感動がある。
皆が注目している中で、そう簡単に落ちるわけにはいかないと思い、いつも以上に頑張れます。
このおかげでコンペでは思った以上に課題がクリアできることがあります。
コンペで1番盛り上がるのはやはり決勝戦です。
決勝戦はセッション方式ではなく、ペルトコンベア方式でやることが多いです。
私はコンペで決勝戦までいったことはありませんが、決勝戦は決勝までいかなかった選手も大いに盛り上がります。
決勝戦ともなると緊張感が漂いますが、決勝戦の課題は掴むのがとても難しそうなホールドがあったり、ダイナミックなランジ(ジャンプして飛びつく)があったりと面白い内容になっており、それをクリアしていく決勝選手の姿は見応えがあるので、皆なでの応援もかなり熱くなります。

おわりに

ロゴ
ボルダリングは1人ずつプレイするので、決勝戦といえどもどちらの選手を応援しても角が立つような感じにはなりません。
どちらか片方ではなく、どちらの選手も思い切り応援できるのは魅力の一つだと思います。
お読みいただき、ありがとうございました。

■関連商品はこちら

自宅で懸垂。己を高めたい方へ

腕周り、肩周り、背中回りなどの筋力トレーニングの為にご利用頂けます。懸垂や腹筋など様々な用途でご利用になれます。

ドアジム

販売価格:2000円(税込)

手首の保護と滑り止め!

トレーニンググローブは、ベンチプレスといったウエイトトレーニングで使用するサポート器具です。

トレーニンググローブ

販売価格:1480円(税込)

全身のバランスを整えよ!

片面は凸凹が弱く刺激が少なめ、もう片面は凸凹が強く刺激がアップします。お好みによって使い分けができます。

バランスディスク

販売価格:1,280~1,980円(税込)
達成感がハンパじゃない!ボルダリングの魅力とおもしろさをお伝えします
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。 スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

自然が最高!東京都東久留米市のおすすめランニング・ウォーキングコースを2カ所ご紹介!

初夏から始めるランニングでダイエットをしませんか! 4月から5月は新入社員歓迎会や期首の飲食会などで体重が増えていませんか? 本日は体重

その他ランニング

大谷翔平の獲得を成功させた日ハムのプレゼン資料に学ぶNOをYESに変える交渉術

大谷翔平とは? 1/7から「侍ジャパン応援宣言!~WBC世界一奪還へ~」がテレビ朝日でスタート!第1回目は大谷翔平選手にインタビュー。

その他

バレエを始めるにあたって│教室に通うべき理由と教室の選び方

<教室に通うべき?> バレエを始めるとして、何も知らずに独学でやるというのはとても難しく、また危険なことです。 動画の配信や

その他バレエ

『覚悟』(栗山英樹) |メニエール病に苦しんだ栗山監督の本から逆境との向き合い方を学ぶ

栗山監督のプロフィール ファイターズ動画特集その② 苦しんでもがいて、そして奇跡を起こし手にした栄冠。密着した一日をもう一度!涙なし

おすすめ本その他

なぜトリプルアクセルをプログラムに入れなくなったのか?│トリプルアクセルの歴史と浅田真央のすごさ

浅田真央さんの代名詞、トリプルアクセル Mao Asada's surprise announcement.😢🇯🇵⛸️@ISU_Fig

その他

マジで過酷!ボクサーの練習・トレーニング内容を知りたい方はこちら

ボクサーのトレーニング ボクサーのトレーニングは過酷です。 もちろんレベルや指導者によって多少の違いはありますが、ここでは実体験を踏

その他ボクシング

桑田真澄の壮絶すぎる人生と諦めない志を学ぶ!┃いじめ、栄光、借金、手術‥

「取ってこい!」 桑田真澄に初めて野球に触れたのは小学低学年の頃。 教えたのは父親(桑田泰次)だった。 父親は、キャッチボ

その他

最高速度で泳ぐための2つのコツ│けのびとキャッチを極める

はじめに 水泳をやっているなら誰でも速く泳げるようになりたいですよね。 今回はそんな方のために4泳法を速く泳ぐために重要なポ

その他水泳

東京で涼しい森林の中にあるランニング・ウォーキングコースをご紹介!│野川公園&武蔵野公園

夏こそ、ランニングですよね 夏のランニングは、たくさん汗を流して気持ち良いものです。 でも熱中症にならないように対策が重要です。 この

その他ランニング

バスケットボールでジャンプ力を上げる5つのトレーニング

はじめに 今回は、バスケットボールで大事なジャンプ力をあげるトレーニングについて、実際に私がしてきたトレーニング方法を伝授いたします。

その他バスケットボール