ダイエット
2016.08.15

ダイエットの3つの基本を伝授します!│これだけ知っておけば大丈夫!!

ダイエットの基本を見直しませんか?

こんにちは、GronGブログ編集部です。

今日は、「ダイエットの3つの基本」をお話ししていきます。

早速ですが、こんな悩みはありませんか?

  • 食べる量を減らしたのに全然やせない
  • ダイエット方法がありすぎてどれがいいのか選べない
  • 調べすぎて基本が分からなくなってしまった

このような悩みをお持ちの方‥今回の記事が必ず役に立つはずです!

空前のダイエットブームで、世間ではありとあらゆるダイエット法が広まっています。

しかしその結果、ダイエットの基本が忘れ去られてしまっています。

今一度ダイエットの基本をおさらいしていきます。

今回もよろしくお願いします。

 ダイエットの基本は3つだけ

ダイエットの基本はとってもシンプルです。 シンプルな3つの基本があり、それらを応用したダイエット方法が無数にあるだけなんです。 その基本は以下の通りです。

1.極端な食事制限はNG

ダイエットを「体重を落とすこと」と考えた場合、食事をとらないのが手っ取り早い方法です。

しかし、あなたの真の望みは単純に「体重を落とすこと」ではないはずです。

真の望みは「体力は落とさず体重が落ちて、太りずらいカラダをつくること」でしょう。

それを叶えるためには食事をとらなければなりません。

なぜか?

それは、リバウンドと体力低下の危険性が高まるからです。

食事制限を始めた頃は、モチベーションが高くて厳しい食事制限をしてしまうことが少なくありません。

しかし、食事制限は長続きしません。

ストレスになるからです。

ストレスがかかると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されてインスリンが過剰に放出されます。

このインスリンが過剰に放出されると、体脂肪を増やす大きな原因となってしまうのです。

また、ストレスがかかることで過食になることもあります。

ストレス→過食→リバウンドという流れは有名ですね。

さらに、食事をとらないと筋肉量まで減ってしまいます。

食事によるカロリーが入ってこないため、体が無意識にカロリーを消費する筋肉を減らそうとするからです。

その結果、体力が低下して、少し動いただけで疲れてしまうカラダとなってしまうのです。

何事もバランスが大切なので、極端な食事制限は絶対にしないで下さい。

ポイント1 食事制限は失敗しやすい

2.運動をする

引き締まったカラダを作るには「摂取カロリー<消費カロリー」となるようにする必要があります。

高校野球の強豪校では、どんぶりばちに3杯も4杯もご飯を食べるノルマがあったりしますが、彼らのカラダは強く引き締まっています。

その理由はシンプルで「摂取カロリー<消費カロリー」となっているからです。

食べたカロリー以上に消費したカロリーの方が多いためです。

アスリートほどの運動量は必要ありませんが、ダイエットで成功するには運動は必須となります。

現代の日常生活では「摂取カロリー<消費カロリー」とならないからです。

運動をする理由は2つあります。

それは脂肪燃焼と基礎代謝UPのためです。

まず脂肪燃焼についてお話します。

運動をすれば筋肉がつきます。

筋肉は脂肪を燃やしてエネルギーに変える働きがあります。

そのため、多くのダイエット法で「運動」が紹介されるのです。

裏を返せば、筋肉が少ないと脂肪が燃焼しずらくなって痩せにくい体質になってしまうということです。

次に基礎代謝についてです。

基礎代謝とは「何もしなくても使われるエネルギー」のことです。

心臓や肺といった内臓を動かしたり、体温調節をしたりといった生きていくのに最低限必要なエネルギーを指します。

成人女性で1日1200キロカロリー、男性で1500キロカロリーが標準です。

この基礎代謝をUPさせることで、何もせずともエネルギーが多く使われて痩せやすいカラダになっていくということです。

基礎代謝を上げるのに一番大切なのが、筋肉量をアップさせることです。

なぜなら、基礎代謝の約40%を筋肉が消費しているからです。

つまり、筋肉量UP→基礎代謝UP→脂肪燃焼力UPとなっていくということです。

ダイエットと聞くと、ランニングやジョギング、水泳といった有酸素運動ばかりが注目されますが、筋肉量をアップさせる筋トレ(無酸素運動)も必要だということです。

この有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行っていくことが大切です。

ポイント2 ダイエットに運動は必須!

3.睡眠をしっかりとる

意外に思われるかもしれませんが、睡眠をしっかりとることもダイエットに欠かせません。

睡眠中に脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌されるからです。

アメリカのコロンビア大学が2万人を対象に睡眠時間と肥満率の関係を調査しました。

調査の結果、睡眠時間が7~9時間の人の肥満度が最も低いことが分かりました。

就寝時間の理想は22時で、これは成長ホルモンが22時~3時の間で最も多く分泌されるからだと言われています。

寝る前にストレッチをすれば体のコリがなくなり、リラックスした状態で眠ることができます。

ポイント3 リラックスした睡眠が大切

おわりに

おわりに いかがでしたでしょうか?

巷にダイエットノウハウが溢れかえっていますが、基本はとってもシンプルなんです。

この3つの基本を忘れずに強くたくましいカラダを手に入れていただければ幸いです。

ありがとうございました!!

■関連商品はこちら
ダイエットの3つの基本を伝授します!│これだけ知っておけば大丈夫!!
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

ダイエットに有酸素運動と筋トレのどちらも必要な2つの理由

始める前にダイエットの基本を押さえよう! 詳しくは「これだけ知っておけば大丈夫!!ダイエットの3つ基本を伝授します」に書いています

ダイエット有酸素運動筋トレ

「今日から始められるダイエット~その運動と食事法(上級編)」

1、お腹が空く感覚を大切にする。時間軸を壊す。 前回の投稿では、 多くの日本人が「炭水化物の摂取過多」の状況であることについて解説し

ダイエット島袋トレーナー

ダイエットの名言を集めてみた!!┃痩せれないなんて、言わせない

頑張るダイエッターのための名言集 ダイエットの失敗は「やせないこと」ではなく、「続けられないこと」 何でもそうですが、続けら

ダイエットメンタルメンタルコントロール名言

ストレスで太るのはホントだった!│太ってしまう理由と3つの対策

ストレスで太ってしまう理由 ストレスで太ってしまう原因は大きく2つあります。 1.食べ過ぎてしまうから 人はストレスを感じると

ダイエット

ダイエット成功に不可欠なのはメンタルだった!│成功に必要な5つの考え方

ダイエットで成功する5つの考え方 1.ダイエットの過程自体を楽しんでいる ダイエットに成功する人は結果だけでなく「過程」自体を楽しん

ダイエットメンタル

お腹をへこませる3つの方法と心構え│下腹が出る原因もご紹介

なぜ下腹が出てしまうのか? 下腹が出てしまう原因は大きく2つあります。 食事の過剰摂取により、余剰分となったカロリーが体

ダイエット有酸素運動筋トレ

【番外編】ダイエットの評価方法と体重変動のカラクリを知る│体重のカラクリを制すものはダイエットを制す

体重変動のカラクリ。 ダイエットを開始したら、皆さんは何を指標にして 「上手くいってる!!」 「上手くいっていない

ダイエット島袋トレーナー

ダイエットに失敗する典型的な思考と行動の考察┃痩せたいけど、でも食べちゃう

プラス思考と行動でダイエットに成功するのは稀 これまで多くの方にダイエットの指導をさせて頂きました。 大筋の方法についてはこ

ダイエット島袋トレーナー

ダイエットするなら油を摂りましょう!┃脂質を摂らなかった私の失敗体験

ダイエットのために脂質を上手に摂取する 直近の過去5回のコラムでダイエットに関する記事を書いてみました。 お陰様でコラムを気

ダイエット島袋トレーナー

みんなの痩せたい理由ランキングを発表します│驚くべき共通点も明らかに!

痩せたい理由ランキング! gooランキングより 痩せたい理由ランキング 1 健康な体でいたい

ダイエット