TOPドアジムのトップ〉【上級編】ドアジムの使い方

【上級編】ドアジムの使い方

1.ドアジム&チューブ ローイング

ドアジムにトレーニングチューブをかけ、両手で持ちます。

両肘を伸ばして、背中が丸まらないように背筋をピンと張ります。

肘が90度になる位置までチューブを引きます。

チューブのテンションを感じながら、元の位置までゆっくりと戻します。

※テンポは1秒でおろし、1秒で戻すくらいのスピードで行ってください。

体力に合わせて反復回数、セット数を調節してください。
(トレーニングチューブはこちら

2.ドアジム&チューブ アームカール

ドアジムにトレーニングチューブをかけて両手で持ち、床と平行の位置ぐらいまで腕を上げます。

手のひらが上に向くように両肘を伸ばし、背中が丸まらないように背筋をピンと張ります。

肘が90度になる位置まで腕を曲げます。

チューブのテンションを感じながら、元の位置までゆっくりと戻します。

※テンポは1秒でおろし、1秒で戻すくらいのスピードで行ってください。

体力に合わせて反復回数、セット数を調節してください。
(トレーニングチューブはこちら