その他トレーニング目標達成ノウハウ
2016.10.04

運動を簡単に習慣化させる5つの方法

運動は習慣化できる!歯を磨くように運動しよう

こんにちは、GronGブログ編集部です。

早速ですが、こんな悩みはありませんか?

  • 「運動しなくちゃいけないのに続かない」
  • 「どの運動をすればいいか分からない」
  • 「続けるコツがわからない」

…など、運動がダイエットや肉体改造に必須なのは分かっていても、なかなか続かなくて悩んでいる人は少なくありません。

しかし”運動は習慣化できます!

ではどうすればいいのか?

そのあたりをご説明していきます。

本日もよろしくお願いします。

多くの人が、運動習慣なし

運動習慣とは何でしょうか?

厚生労働省が実施する「国民栄養調査」によると、「1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上続けている」人を運動習慣がある人としています。

平成25年(2013年)の調査によれば、運動習慣のある者の割合は、男性33.8%、女性27.2%で多くの人が運動不足という状況です。

なぜ運動が必要なのか?

運動とは?

運動とは、からだを動かす活動のことです。

1ミリも動かない人はいないと思いますので、ほとんどの人が運動をしています。

しかし、現代人の多くは運動が足りないのです。

近代社会はPC前のデスクワークが増え、1日の大部分を座って過ごしている人が少なくありません。

私もその1人です。

運動すべき理由

1.病気の予防

いわゆる生活習慣病の予防です。

糖尿病、高血圧、肥満、がん、脳血管疾患、心臓病などは生活習慣とのかかわりが強いと言われています。

生活習慣とは主に食事内容、喫煙、運動習慣、飲酒の習慣を指します。

カラダを健康にする1つの指標として、「消費カロリー>摂取カロリー」のバランスを保つ公式が有名です。
ダイエットの3つの基本を伝授します!│これだけ知っておけば大丈夫!!

飽食の時代でついついおいしいものを食べてるわりには、そのエネルギーを消費するだけの運動が出来ていないのです。

使われなかったエネルギーは脂肪として蓄えられ、その悪循環でみるみるうちに肥満体型となり、生活習慣病のリスクが高まります。

そうならないように、運動をすることで「消費カロリー>摂取カロリー」を取り戻すようにしたいのです。

2.カラダの機能向上

運動すれば、筋力がついたり持久力がついたりします。

その結果、疲れにくいカラダになったり、風邪を引かなくなったり、冷え性が改善されたりします。

3.気持ちがスッキリする

運動したあと、呼吸が落ち着いたり、スッキリした気持ちになった経験があると思います。

うつ病などの心の病にも運動が有効という研究結果もあることもあり、運動には精神を安定される力もあります。
運動が最強のストレス解消法だった!│その理由と4つの効果

また脳機能も活発化させることから認知力の向上も期待されています。

このように、運動は(近い)未来への投資でもあります。

今は若いし、運動する必要はないと思ってる方もいらっしゃると思います。

しかし、若さが永遠に続くことはありません。

運動することで男性は力強く、女性は女性らしいスタイルを手に入れられます。

ココロとカラダを健康に保つために、今運動が必要とされているのです。

運動を習慣化する5つの方法

運動習慣がない人が多い状況ですが、

  • 「運動しなきゃ!」
  • 「運動したい!」

と思っている人は少なくありません。

ではなぜできないのか?

それは習慣化するコツを知らないからです。

習慣化するにはコツがあり、そのコツをつかめば、運動を続けることができる可能性が高まります。

それぞれ説明していきます。

1.「なぜやるのか」を決めておく

これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法」に書きましたが、「なぜやるのか」という”目的”をはっきりさせておきましょう。

  • 腹筋を割ってたくましいカラダになりたいから
  • 痩せて女性らしい美ボディになりたいから
  • 顔周りの脂肪を落としたいから

など、目的を明確にしておくと良いでしょう。

人は目的があるから行動できます。
「ゴールデンサークル理論」を知って選手やファンを熱狂させよう!│選手のスキルアップも加速させる

時間がたって忘れてしまわないように、紙や手帳に書いて、常に目に入る状態にしておくと良いでしょう。

2.「いつやるか」を決めておく

皆さん多忙な毎日を過ごしていることでしょう。

  • 明日暇だから走ろうかな
  • 今日はしんどいから来週にしよ

といった考えでは、いつまでたっても運動を始められません。

多忙な中でも、空いている時間があるはずです。

  • 火曜日の20時以降
  • 金曜日の6時前後

など、必ずスキマ時間は見つかります。

起業家や一流ビジネスマンでさえトレーニングをする時間を設けています。

我々が忙しさを言い訳にすることはできません。

上の例であれば、

  • 火曜日の20時以降
  • 金曜日の6時前後

はできるだけ毎週空けて、その日を運動日に設定しましょう。

また、風呂あがりは必ずストレッチをする、といった決め方でもいいでしょう。
ストレッチのメリットを知ってほしい!│その疲労‥ストレッチ不足かも?

週に2,3回トレーニングをしていければ理想です。

3.「なにをするか」を決めておく

  • 明日走ろう
  • 明日筋トレしよう

では長続きしません。

具体的な計画を立てましょう。

例えば、

  • 火曜日は20時スタートで川沿いのランニングコースを30分走った後、いつもの公園で腕立て腹筋背筋を30回3セットしよう
  • 土曜日は10時からジムのランニングマシンで30分走った後、ダンススタジオでダンスをして、水泳のクロールを50メートル泳ごう

といったように、具体的に計画しておきましょう。

目的や目標を持つことによって運動が長続きしていきます。
目的と目標の違いを知って、確実に成果を上げる人間になる!

4.記録をつけて達成感を味わう

僕はカレンダーにチェックをつけて管理をしています。

その月にトレーニングする日を○で目立つようにしておき、トレーニングをした日を赤線でチェックするようにしています。
無料で十分!最強のウォーキングアプリはこれだ!!

そうすることで、その月に何回運動できたのかが一目で把握でき、達成感を味わうことができるのです。
(逆に出来ていない場合は反省材料にすることができます)

5.運動しなければならない環境をつくる

こちらは必須ではありませんが、トレーニングジムやパーソナルジムへの入会も習慣化に役立ちます。

お金を払うことで、運動しなければならない気持ちになれますし、パーソナルジムでトレーニング日が決まっている場合は、なおさら強制力が働きます。

また、寒い時期は外で運動するのが億劫で、やりたくても行動できない事が多いかもしれません。

実際に、トレーニングジムで運動する人は増えていますので、お近くにジムがあるのではないでしょうか?

一度見学に行かれるのも良いでしょう。

日常の行動を変えるだけでもカラダは変化していく

1.移動は階段を使う

移動はエレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うようにしましょう。

例えば、駅構内やオフィス内、ショッピングモールなど、階段を利用することで運動不足を驚くほど解消できます。
今日から始められるダイエット~その運動と食事法(初級編)

階段の昇り降りは、ジョギング時の消費カロリーに匹敵すると言われています。

運動を毎日するのは難しいですが、階段の昇り降りは、意識さえすれば毎日できます。

日々ジョギングするのと同じ効果が得られるのは大きいですよね!

僕も続けている習慣です。

2.電車内では立つ

電車で座っている時と立っている時では、消費カロリーが倍ほど違います。

イギリスのある調査によると、1日に3時間立つ時間を増やすだけで、年間3.6kg分の脂肪が燃焼されるようです。

おわりに

ロゴ

いかがだったでしょうか?

運動が続かないのは、意志の弱さというより仕組み化がうまくいっていないからだと思います。
習慣化する5つのコツ│もう「続かない」とは言わせない!

きちんと計画を立てて納得して行動に移せれば、必ず習慣化できるでしょう。

楽しく運動を続けていきましょう!
やる気を取り戻す!ダイエットの名言を集めてみた!!

本日もありがとうございました。

■関連商品はこちら

「軽量」「耐久」「弾力」のハイスペックシューズ

運動には欠かせない「軽量」「耐久性」「弾力性」を持ち合わせ、足の負担を軽減し優しくサポートしてくれます。

ランニングシューズ

販売価格:2480円(税込)

大人気!ストレッチ用ポール

筋肉の緊張をほぐしたり、マッサージ効果から血行促進・安眠にも効果があるエクササイズポールです。

ストレッチ用ポール

販売価格:2480円(税込)
運動を簡単に習慣化させる5つの方法
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

目標設定の方法とsmartの法則│夢・目的のために目標設定が必要な3つの理由

なぜ目標設定が必要なのか? 1.物事が進んでいるか把握するため 例えば「プロ野球選手になって、ホームラン王になりたい」という夢・目的

その他目標達成ノウハウ

筋トレのBIG3って知ってる?│3つの最強トレーニング方法

筋トレのbig3とは 筋トレのbig3は次の3つです。 ベンチプレス デッドリフト スクワット 1.ベ

その他トレーニング筋トレ

【動画と解説】トレーニングチューブを使った足のふらつき防止のトレーニング

「トレーニングチューブを使ったふらつき防止のトレーニング」の動画と文字起こし トレーニングチューブを使った足のふらつき防止のトレーニン

その他トレーニングバランス力動画

トレーニングの5原則と3つの原理を知ってますか?│全トレーニングの基礎です

トレーニングの5原則と3つの原理 これからお伝えするのは「トレーニングの5原則と3つの原理」です。 トレーニング方法や負荷の

その他トレーニングトレーニング理論

【動画と解説】バランスボードの基本的な使い方

「バランスボードの基本的な使い方」の動画と文字起こし 今日はこのバランスボードの基本的な使い方について解説します。 バランス

その他トレーニングバランス力動画

【動画と解説】バランスボードの使い方①┃片足立ちでハイレベルなバランス感覚を養うトレーニング

「バランスボードのシングルレッグトレーニング」の動画と文字起こし こんにちは、GronG Training LABの島袋です。

その他トレーニングバランス力動画

これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法

トレーニングのモチベーションを上げる5つの方法 1.「なぜ、やるのか」をはっきりさせておく(目標の明確化) ”初心忘るべからず”とい

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

【動画と解説】バランスボードの使い方②┃回旋動作のバランス感覚を養うトレーニング

「バランスボードを使った回旋動作のバランス感覚を養うトレーニング」の動画と文字起こし バランスボード動画の文字起こし やり方 ゆっ

その他トレーニングバランス力動画

高齢者のバランス能力と歩行機能改善のための5つのトレーニング

バランス能力を鍛えるトレーニング方法 1.全身持久力の向上のために まずは歩くこと。 「なんだ、そんな事で良いの?」と拍子抜け

その他トレーニングバランス力島袋トレーナー筋トレ

スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

なぜメンタルが重要なのか? スポーツの世界では「心・技・体」(しんぎたい)という言葉がよく使われます。 簡単に説明すると、

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール