メンタル名言
2017.01.13

羽生善治の名言から「高み」にたどり着く方法を学ぶ│将棋界初の7タイトル独占を達成した棋聖の言葉

羽生善治さんの名言から「超」一流になる方法を学ぶ

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日は”羽生善治”さんの名言をご紹介します。

羽生善治さんの詳しい説明はあとからさせていただきますが、最強の将棋棋士です。

タイトル獲得合計97期、一般棋戦優勝回数44回で、どちらも日本一です。

史上初の7つの永世称号を獲得し、獲得賞金、対局料ランキングも歴代1位の名棋士です。

その羽生さんの1つ1つの言葉は深みがあって説得力があり、

超一流になりたいアスリートやビジネスマンの学びとなるものばかりです。

今日は、羽生善治さんの名言の一部を厳選してご紹介したいと思いますので、

本日もよろしくお願いします。

羽生善治とは?


羽生善治

生年月日:1970年9月27日

出身地:埼玉県所沢市、東京都八王子市

タイトル・成績:王座、王位、棋聖。

優勝回数151回、同一タイトル戦25回連続登場、通算24期は歴代1位と、書ききれない程の実績を作っている。

羽生善治の名言


平常心の大切さ

楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で。

心をニュートラルな状態に保つということです。

楽しいことがあれば喜び、苦しいことがあれば悲しくなります。
「レジリエンス」力を高めて折れない心をつくる8つの方法│失敗から立ち直れ!

それは人間の自然な反応で、その感情の動きを感じることは必要です。

そうでないと、何が起きても何も感じないつまらない人間になってしまうからです。

しかし、喜怒哀楽を長く続けてはいけません。

物事に対してずっと浮かれたり、ずっと落ち込み続けてはいけません。

気持ちを平常心に戻してまた進んでいくという謙虚さ、冷静さを忘れてはいけないということです。

逆境から学ぶことのほうが多い

追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。

追い詰められるとココロもカラダも苦しくなります。

逃げ出したくなり、ネガティブな気持ちになるでしょう。

しかし、振り返ると逆境や失敗から学ぶことのほうが多いのではないでしょうか?

逆境や失敗によって、気づかなかった欠点や課題が見つかり、

それを克服しようと努力することで成長するのです。
メッシの8つの名言│成功するまで努力する

苦しい状況になったとき、逆にチャンスと思える考え方が大切なのかもしれません。

常に新しいことに挑戦する

新しい試みがうまくいくことは半分もない。

でもやらないと、自分の世界が固まってしまう。

新しい試みの多くは失敗します。

それは何事でもそうでしょう。

しかし、いつも同じやり方でやっていても自分の世界が広がらず、成長もありません。

新しいことにチャレンジすることで経験値がたまり、新たな発想が生み出されるのです。

自分の狭い殻に閉じこもらないことが大切です。

発見があるから、やめられない

将棋に限らず何事でも発見が続くことが楽しさ、おもしろさ、幸せを継続させてくれる。

新しいことにチャレンジするから発見があり、そこにおもしろさ、幸せを見出せます。

チャレンジは、何も大きなことでなくても良いでしょう。

  • 20分早く練習に来てランニングする
  • エクセルの新しい使い方を学ぶ

など、小さな変化を積み重ねることが成長につながります。

そしてその変化で発見が生まれ、新しい能力や自分に出会えた感動が”おもしろさ”につながるのです。

反省は欠かせない

私は、対局が終わったら、その日のうちに勝因、敗因の結論を出す。

やりっぱなしでは上には行けません。

良かった点、悪かった点を振り返って、うまくいかなかった点を改善することで成長していきます。

学校の勉強でも同じでしょう。

答え合わせをして間違えた問題ができるようになることが成長の一つです。

今まで間違えていた自分から、解けるようになった自分に変化するには反省して改善点を見つけなければいけません。

プロになるには続けることです。

1日5時間×365日×10年練習を続けたらたいていの人はプロになれる。

私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。

しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、

同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。

「継続は力なり」です。

結局、成功しなかった人は続けられなかった人です。

ただ続けるだけではプロにはなれません。
『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(原晋)│強い組織の作り方を学ぶ

上手くなりたいと願い、上手くなるための計画を立て、失敗&改善を続けることで高みに到達するのです。

そのPDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を回し続けることでプロになれるということです。

右肩上がりに成長することはない

努力をやめてしまうのは、「それが、いつうまくいくかわからないからだ」と書きましたが、

「もうダメだ」と思ったときは、結構いいところまできていることが多いものです。

そこからもうひと頑張りできるかどうかが、明暗を分けます。

私の経験からも、本当にその通りだと思います。

そして人の成長が右肩上がりにならないことは科学的に証明されています。
スランプ脱出のためにすべき6つのテクニック

すぐに結果を求めるのではなく、中・長期的な視野を持って物事に続けていきましょう。
習慣化する5つのコツ│もう「続かない」とは言わせない!

直感がいつも正しいとは限らない

人間には思考を省略して考えることができる素晴らしい能力があるのですが、

時にはそれが先入観や、偏見となって新しい発想を妨げることもよくある。

直感が正しいという風潮がありますが、直感がいつも正しいわけではありません。

頭にふと浮かんだことに疑いを持たずに信じきってしまうことは時に危険ということですね。

人の意見を聞くこと、自分で考えること‥そのバランスを失いたくないものです。

何も考えない時間も必要

頭のなかに空白の時間をつくることも必要。

何も考えずボーっとする時間を持たないと頭がパンクしてしまいます。

脳疲労という言葉がありますが、考えすぎると疲れて頭が機能しにくくなります。

何でもそうですが、うまくオンオフを切り替えて日々フレッシュな脳と気持ちで過ごしましょう。

実践でしか身につかないことがある

机上の理論や研究だけでは見えてこない部分。

それは実戦を通して身につけていくしかない。

ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、

頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。

いくら頭で考えても実際にやってみないと分からないことが多々あります。

考えることも大事ですが、実際にやってみることが大切で、これがなかなか出来ないので、

できる人とできない人で差が出るのだと思います。

人生に目標を持つ

人生の中で目指しているものがはっきりしている人はいくつになってもエネルギーがある。

目標がないと、日々を何となく過ごしてしまい、振り返ると何も身についていなかったとか、こんなはずじゃなかったという後悔につながりかねません。

そんな経験をしたことはあるのではないでしょうか?

このブログでも強くお伝えしていますが、目的と目標をはっきりさせて、活き活きと生活していきましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか?

将棋の対局という究極の緊張感の中で戦って得た羽生さんの言葉は、深く、人生の教訓となるものばかりです。

高みを目指して日々生きていければと思います。

本日もありがとうございました。

■関連商品はこちら

シェイプアップ、インナーマッスル、バランス力の強化

本製品はアンチバースト仕様です。万が一穴が開いてしまったときに破裂することなく、少しずつ空気が抜けていくので、安心してご使用いただけます。

バランスボール

販売価格:1780円(税込)

失われたバランス感覚を取り戻せ!

バランス能力向上、体幹トレーニング、全身の運動、集中力アップ、気持ちのリフレッシュ、けが防止など様々なメリットが得られます。

バランスボード

販売価格:3480円(税込)
羽生善治の名言から「高み」にたどり着く方法を学ぶ│将棋界初の7タイトル独占を達成した棋聖の言葉
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

ゴルフ界の帝王!ジャック・ニクラウスの5つの名言┃強運と集中力から学ぶ勝利の鉄則とは?

ゴルフ界の帝王「ジャック・ニクラウス」 Happy 10-year anniversary to @StFrancisLinks in

メンタル名言

長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

長渕剛とは さあ集まれ!! 俺はここで待つ!!#長渕剛 #長渕剛アンバサダー #長渕10万人 pic.twitter.com/x

メンタル名言

野村忠宏の名言から結果を出すプロセスの大切さを学ぶ

柔道界の生きた伝説「野村忠宏」さん 野村忠宏 オリンピック3連覇を支えた勝負哲学 | PHPマネジメント衆知 https://t.co/M

その他名言

メッシの8つの名言│成功するまで努力する

メッシとは? The Catalan derby is on the line. It’s time for Leo to clai

メンタル名言

筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由

ココロもカラダも、壊れることで強くなる カラダはトレーニングで筋組織を壊すことで、筋肉が成長し強くなります。 同じ力が加わっ

メンタルメンタルコントロール筋トレ

大谷翔平の名言が意識高すぎてシビれる!┃上を目指すから上にいけるということ

大谷翔平の名言 「チームにとって大事なシーズン最初の試合、勝てるように頑張ります」 #EZOlution pic.twitter.co

メンタル名言

アファメーションの作り方と必要な理由│自分への前向きな宣言でパフォーマンス向上

アファメーションとは? アファメーションを一言で言うと、自分への前向きな宣言のことです。 アファメーション(affirmat

メンタルメンタルコントロール

セルフトークをマネジメントして感情をコントロールする4つの方法

セルフトークはなぜ生まれるか? セルフトークは大きく2つある まずセルフトークは大きく2種類あることを知っていただきたいと思います。

コミュニケーションメンタルメンタルコントロール

「ゾーン」に入る7つの方法┃究極の集中力でパフォーマンスを向上させよう!

なぜ気が散ってしまうのか? 気が散って集中できない状態をノンフロー状態といいます。 「揺らぎ」や「とらわれの状態」とも言われ

メンタル集中力アップ

浅田真央の名言Ⅲ│技術は尽きない、常に上があるということ

浅田真央とは? 浅田真央とは、1990年9月25日生まれの愛知県出身。 2010年のバンクーバーオリンピックで銀メダリストになったことを

その他名言