メンタル名言
2017.02.17

野茂英雄の名言┃なりたい姿をイメージして練習し続ける大切さを学ぶ

野茂英雄のすごさを名言から紐解く

こんにちは、GronGブログ編集部です。
本日はライターさんからの寄稿記事となります。
日本人野球選手のメジャー挑戦を切り開いたパイオニア「野茂英雄」氏の勇気と挑戦力は群を抜いています。
いったいどんな考えを持ってメジャーで活躍し続けたのでしょうか?
野茂英雄さんの名言から、世界で活躍する考え方を学びたいと思います。
本日もよろしくお願いします。

メジャー進出のパイオニア!トルネード投法の野茂英雄

パイオニアには特別な意味を持つと思います。

どんな事にも先陣を切り、批判を受けても常に前に進む人が必要です。

メジャーリーグでは現在、たくさんの日本人選手が活躍しています。

野球の最高峰で日本人選手の活躍が見れるのは大変うれしく思います。

数十年前には考えられない状況に、驚きさえ感じます。

この日本人選手の活躍は、ある一人の選手の勇気ある行動から生まれたのです。

その名は「野茂英雄」氏です。

野茂氏は社会人野球から近鉄に入団後、メジャーに渡りドジャース、カブス、ヤンキース、ロイヤルズなど有名球団で活躍しました。

野茂氏がメジャーに渡った頃は、今と違い、歓迎とは言い難い状況で、華々しい活躍とは裏腹に苦難の道であったといいます。

そんな野茂氏であるが故に、彼の発言には重みがあります。

今回は野茂氏の名言から人生の意味を考えてみたいと思います。

野茂英雄とは?


野茂氏は、1968年8月31日に大阪で生まれます。

トルネード投法という独特のフォームで投げる投手です。

大阪成城工業から新日鉄と進み、1990年に近鉄(現オリックス)にドラフト1位で入団。

新日鉄時代にはソウルオリンピックで、銀メダル獲得に貢献。

新人王・防御率・奪三振・最高勝率・沢村賞、ベストナインを一年目にして獲得します。

しかし理解者である仰木監督の退任後、鈴木監督とはそりが合わず故障がちに。

そして野茂氏は任意引退の道を取り、メジャー移籍へと向かいます。

逆風の中ドジャースに入団した野茂氏に幸運が訪れます。

ストライキ明けのメジャーはニューヒーローを待っていたのでした。

「ドクターK」として日本同様三振の山を築く野茂氏は大活躍でオールスター、新人賞と最高のスタートを迎えます。

メジャー100勝、2度のノーヒットノーラン(両リーグ通じて)と華々しい活躍の裏には幾つかの球団を渡り歩いたという苦労もあります。

引退後は解説、コーチに就任。

その後、野茂氏の多大な功績から日本野球の殿堂入りを果たし、アメリカでは「大リーグでの重要な40人」に選出されました。

現在ではパドレスのアドバイザーやNOMOベースボールクラブを運営しています。

野茂英雄の名言

若い人向けに送る名言

 “若い人には、失敗してもいい場所が必要だと思うんです。

挑戦すれば、成功も失敗もあります。

でも挑戦せずして成功はありません。

何度も言いますが、挑戦しない事には始まらないのです。“

この言葉は、チャレンジし続けた野茂氏だからこそ言える言葉でしょう。

野茂氏の挑戦は、バッシングと苦悩の中の連続でした。

代理人のダン野村氏も困惑の中にいましたが、野茂氏だけは自分の道を信じて「挑戦」しました。

この事は夢を信じる若者に最適の言葉だと思います。

がむしゃらに走っていく事で失敗する事もありますが、その事を恐れると何も始まらないと話しています。

そして、世間はその挑戦を笑うのでなく、失敗しても戻ってこれる場所を提供する事で新たな夢や希望が生まれるということです。

努力する事に躊躇する人に向けた名言

“僕は練習が嫌いです。
手抜いてますよ。
ただ、絶対にはずせない練習というのがあってそれはやります。

できるようになるまで反復してやる。それだけです。“

“何かを得ようと思ったら、毎日毎日、繰り返しやりますよね。

そうやらないとうまくならないし、成果が出ない。”

千里の道も一歩からという言葉があります。

あの野茂氏の独特のトルネード投法もすぐに取得できたわけではないはずです。

あの変則ファームに目がいきがちですが、実際野茂氏があれだけ活躍できたのは、フォークボールという大きな武器があったからです。

それも磨きをかける為にかなりの練習が必要だったことでしょう。

勉強にしても仕事にしても、一朝一夕に結果が出るものではありません。

日々の小さな努力が成功への一歩となります。

どこで役に立つか分からない作業もあり、そんな事は大変苦痛ですが、小さい事を積み重ねる事で大きい事が出来る訳です。

ノーヒットノーランという偉業を2度に渡ってメジャーで達成した野茂氏だからこそ説得力のある言葉となっています。

そして、勘違いしてはいけないのは「手を抜く」というのは怠ける訳ではなく、効率良くやる事で飽きずに長続きさせるコツということです。

夢を諦めようとしている人に向けた名言

“自分が抱いたメジャー・リーグ挑戦という夢に対してそれがただの絵空事だなんて否定的に思ったことは一度もありません。”

“チャンスの少ない時代だからこそ、少ないチャンスを生かしてもらいたい。そのチャンスを生かすために日々努力をしておくことが大切。”

野茂氏が行ったメジャーという世界は野球の最高峰であり、野球選手であれば夢と言える場所です。

しかし、現実は力が及ばず諦める人が大半です。

この事は実社会でも当てはまります。

夢は誰でも思い浮かべるのですが、実現となると、言い訳のように「できない理由」を探す傾向にあります。

絵空事という世間の批判に立ち向かえない自分がいる事に気付きます。

夢は思い続けて行動に移せば近づいていけます。

しかし、チャンスをものに出来るだけの実力は蓄え続けないといけません。

それが、チャンスを掴む早道です。

夢だけを語っていても、夢は遠ざかるばかりです。

そこでいつチャンスが来てもいいように準備(努力)する事が大事だと話しています。

自分の去り際について悩んでいる人に向けた名言

“現状には決して満足したくない。
それなら最後まで自分がなりたいピッチャーのイメージを持ち続けて挑戦して行こうと思うんです。

なれるとかなれないとか考えていたって一歩も前に進めません。

やるかやらないか、それしかないのですから。“

“花があるうちに辞めるんじゃなくて落ちぶれてボロボロになっても投げ続けようと決めました。”

去り際の判断は難しいです。

どんな事にも終わりが来ます。

輝かしい実績を持つ野茂氏も例外なく引退という場面を迎えました。

最後の会見では「僕の場合は悔いがのこります。」と話しています。

その事が分かる言葉だと思います。

仕事・部活など色々な世代にとって、難しい判断だと思います。

日本人の美学として、去り際は大変重要視されます。

きれいに去る事は難しいです。

「完全燃焼」という言葉があるように、完全にやりきって終える人はどれ位いるのでしょうか。

まとめとして

野茂氏の成功の裏には多くの努力があります。

そして、現役にこだわり続けたからこそ多くの球団を渡り歩いたと思われます。

あまり、雄弁な印象はありませんが、1つ1つが理にかなっていて重みがあります。

日本で成功して、メジャーで成功したという事実だけに捉われると本質を見逃す恐れがあります。

陰での努力を惜しまない姿勢が成功を生んだのです。

野茂氏のように信念を通すという事は大変難しいですが、一人の人間としての生き方として大変うらやましく思う部分があります。

野茂氏の発言は野球だけでなく人生において自分の心の中に置きたい言葉です。

■関連商品はこちら

あなたに合った負荷に変えられる!

筋力トレーニングやストレッチに最適なトレーニングチューブです。機器などに比べて筋肉への負担が少なく、異なる強さで様々なトレーニングが可能です。

トレーニングチューブ(強度別5本セット)

販売価格:1480円(税込)

腕立てのその先へ

しっかり握ることができるグリップ構造やフローリングでも滑りにくい4点滑り止めなど細かい点まで工夫がなされたプッシュアップバーです。

プッシュアップバー

販売価格:1280円(税込)
野茂英雄の名言┃なりたい姿をイメージして練習し続ける大切さを学ぶ
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

「セルフ・トーク」の3つの効果と3つのやり方

セルフ・トークとは? セルフ・トークは「自己会話」「独り言」と言われるもので、心の中のつぶやきです。 「あ~しんどいな~

コミュニケーションメンタル

筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由

ココロもカラダも、壊れることで強くなる カラダはトレーニングで筋組織を壊すことで、筋肉が成長し強くなります。 同じ力が加わっ

メンタルメンタルコントロール筋トレ

栗山英樹の名言から組織を勝利に導く手法を紐解く│日本一の野球監督の教え

栗山英樹監督とは? 優勝旅行へ出発です✈️#lovefighters #宇宙一になったぞ #爆ぜた pic.twitter.com/W

メンタル名言

「サイキングアップ」で限界までパワーを引き出そう│心のウォーミングアップの4つの方法

サイキングアップとは? サイキングアップ(psyching up)は、試合にぴったりな集中・興奮状態にするメンタルコントロール法の

メンタルメンタルコントロール集中力アップ

高橋尚子の前向きな名言!┃現役を引退しても多方面で活躍中!

1 高橋尚子とは? 1.1 高橋尚子 生年月日:1972年5月6日 出身地:岐阜県 両親ともに教育者という家庭に第2子として

メンタル名言

長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

長渕剛とは さあ集まれ!! 俺はここで待つ!!#長渕剛 #長渕剛アンバサダー #長渕10万人 pic.twitter.com/x

メンタル名言

ダイエットの名言を集めてみた!!┃痩せれないなんて、言わせない

頑張るダイエッターのための名言集 ダイエットの失敗は「やせないこと」ではなく、「続けられないこと」 何でもそうですが、続けら

ダイエットメンタルメンタルコントロール名言

リアルセルフ(ほんとうの自分)とパフォーマーセルフ(演じる自分)│4つのトレーニングストレスを知ろう

リアルセルフ(ほんとうの自分)とパフォーマーセルフ(演じる自分) 人は常に自分をコントロールしながら生きています。 仕事などの公の立ち場

メンタルメンタルコントロール

「タイガー・ウッズ」の5つの名言から夢と目標を持つ大切さを学ぶ

ゴルフ界のスーパースター「タイガー・ウッズ」が語る夢を持つことの大切さ After several months of testing

メンタル名言

名言に学ぶ!超一流スポーツ選手になるために│考えながら、練習する

スポーツの名言をご紹介します やみくもNG!目的意識を持って練習する 同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結

メンタル名言