メンタルメンタルコントロール名言
2016.11.03

イチローのメンタルに学ぶ!自分の精神をコントロールする思考法

イチローは、メンタルの弱さを自覚している

こんにちは、GronGブログ編集部です。

日本人で、いや世界中で「イチロー」を知らない人は少ないでしょう。

  • 前人未到の7年連続首位打者
  • メジャー史上初の10年連続200本安打
  • メジャーシーズン最多安打を84年ぶりに更新

‥など、イチローにまつわる伝説は数えるとキリがありません。

栄華を極めているように見えますが、

それほどの選手であるからこそのプレッシャーや逆境、苦悩も語られています。

そして、イチローは強靭なメンタルの持ち主ではないと言われています。

しかし、凄いのが、心のどの部分が弱いのかを自分できちんと分かっているところです。

それらが人生の指針となる名言となって、人々の心を魅了しています。

本日はイチローがどんなメンタルで苦しみと向き合っているのか、人生を考えているかをご紹介したいと思います。

私達の人生に役立つヒントがたくさんありますので、参考になれば幸いです。

本日もよろしくお願いします。

イチローの名言

好きなことを、続ける

今自分がやっていることが好きであるかどうか。

それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず

「好きこそ物の上手なれ」ですね。

イヤでイヤで仕方ないことは続けるのが苦痛ですし、向上したいとも思いません。

でも好きなことは「うまくなりたい」「成長したい」という気持ちが自然と沸いてくるのではないでしょうか?

自分は何が好きか分からないという人がいます。

そんな人は、今続けていることはないでしょうか?

  • 読書
  • ランニング
  • 勉強….etc

無意識に続けているものは、あなたが好きなものである可能性が高いです。

嫌いなら続いていないのですから。

キライなことも、やってみる

キライなことをやれと言われてやれる能力は後でかならず生きてきます。

キライなこと、嫌なことはしたくないですよね。

しかし、それをすることが成長のチャンスかもしれません。

なぜなら、それは人に言われなかったらしなかったことだからです。

自分自身でしないことをするということは、新たな成長の可能性、能力の向上が期待できるからです。

まずはやってみる精神が大事かもしれません。

そこから学ぶことは必ずあります。

小さいことを、積み重ねる

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

いきなり大きな結果を求めてもうまくいきません。

きっちり目的、目標を定め、それに向かって出来る小さなことを積み重ねましょう。
目標設定の方法とsmartの法則│夢・目的のために目標設定が必要な3つの理由

小さなことの多くは地味なことです。

それを続けることができるかどうかです。

成長している感覚を大事にする

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事

日々練習や趣味、仕事をしていて成長している感覚はありますか?

日々なんとなくこなしていませんか?

デキる人は日々課題を持ち、少しずつ成長していきます。

そういう感覚を感じるのです。

それは毎日目標設定したり、昨日の自分より上手くなろうと意識しているからです。
目的と目標の違いを知って、確実に成果を上げる人間になる!

意識の違いと言えます。

その意識の違いが結果の違いとなって現れます。

体調管理は徹底する

プロ野球選手は、怪我をしてから治す人がほとんどです。

しかし、大切なのは怪我をしないように普段から調整することです。

怪我をしてからでは遅いのです。

ケガをしたくてする人はいません。

一流選手なら誰しも体調管理をしていることでしょう。

しかし私達はどうでしょうか?

暴飲暴食や運動不足、遅くまで起きていて体調を崩したりパフォーマンスを低下させたりしていないでしょうか?
運動を簡単に習慣化させる5つの方法

最高の結果を出すためには健全な心身が必要です。

長くスポーツやビジネスに携われるように、ココロとカラダを調整していきましょう。
トレーニングの5原則と3つの原理を知ってますか?│全トレーニングの基礎です

考えるのをやめると、成長は止まる

考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります。

  • 昨日の自分よりうまくなりたい
  • このミスをどうすれば減らせるか

など、常に改善を繰り返すことで上手くなっていき、成長していきます。

現状に満足しきってしまうと考えなくなり、それ以上の成長が見込めなくなります。

昨日の自分を越える…常に成長してまだ見ぬ世界を体験したいものです。

意識すれば、課題が見つかる

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識しなければならない」

人の行動の大部分が無意識で行われています。

無意識になることで、考える負担を減らしているのです。

しかし、無意識の動作の中に、成長の種が隠されているかもしれません。

  • 無意識で走ってませんか?
  • 無意識で勉強していませんか?
  • 無意識でパソコンをしていませんか?

それらを意識化することで、課題が見つかり成長につながるかもしれません。

例えば、

  • 走る際に顔のブレをなくすことを意識したら、スムーズに走れた
  • 無意識だと好きな科目ばかり勉強していることに気づいて苦手科目から取り組むようにした
  • パソコンのブラインドタッチを覚えたことで、仕事効率が上がった

など、課題が見つかり、克服して成長できるチャンスが見つかります。

大きな目標を立てる

今自分にできること。頑張ればできそうなこと。

そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない。

遠くの目標(大きな目標)を立てることがまず大切です。

目標がないと、何をしたらいいか分からないからです。

その時、その時楽しければいいという考え方もありますが、

年老いた時、何も残っていないと悲しい気持ちになるかもしれません。

「自分はどうなりたいか」を決めて、今日すべきことを考えていきましょう。

手の届きそうな目標も立てる

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立てひとつひとつクリアしていけば、最初は手が届かない と思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね。

大目標に到達するために、小目標をクリアしていくということです。

例えば、

10キロ痩せる」という目標だけなら難しそうですが、

1ヶ月で1キロ⇒2ヶ月で3キロ⇒3ヶ月で5キロ痩せる!といった小目標を立てていれば、モチベーションも維持できます。
目安は3ヶ月!筋トレで見た目を変えることは誰でもできます!

目先の出来事にとらわれない

常に、先の事を予測する習慣をつけることが大事。

目の前の事をがむしゃらになって頑張ることは大切です。

しかし、それだけではいけません。

一度立ち止まって、「これからのこと」を考えることも大切です。

  • 決めた目標に進んでいるか
  • なぜその練習・仕事をしているのか

などを振り返って、未来のなりたい姿を考えるようにしましょう。

きちんと準備する

ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。

自分にとっていちばん大切なことは試合前に完璧な準備をすることです。

何事もそうですが、入念な準備があってこそ成功の確率が上がります。

エベレストに登るのに手ぶらで行く人はいないでしょう。

装備を準備したり、カラダを鍛えたりするはずです。

成功したければ準備をすることです。

考えうる最高の準備をして本番に臨みましょう。

それが「自信」につながります。

結果が出なくても、あきらめない

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。

決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる。

苦しい時こそ諦めてはいけません。

乗り越える方法は必ずあります。

なぜ結果が出ないのかを考え、修正していけば、道は開けるはずです。

松岡修造さんの言葉も参考になります。

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

困難は飛躍のチャンス

苦悩というものは前進したいって思いがあってそれを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。

だから苦悩とは飛躍なんです。

「苦しいときに笑えるかどうか」

昔の上司が口にしていた言葉です。

苦しさの後には楽しさが待っています。

困難を乗り越えるから人は成長します。
スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

気持ちを切り替える

試合後はロッカーや車の中で気持ちの整理をします。

いい結果も、悪い結果も家には持ちかえりません。

ネガティブな気持ちを引きずってはいけません。

反省できるところは反省し、その後は気持ちをパッと切り替えましょう。
気持ちをパッと切り替える6つの方法と4つの考え方

改善点を見つける。やりっぱなしにしない

何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。

失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。

必ず、将来の役に立つと思います。

負けてそれで終わり、ミスしてそれで終わりだと成長がありません。

なぜ失敗したのか、どうすればうまくいくのかを考えて次につなげる努力を積み重ねましょう。

おわりに

ロゴ

いかがだったでしょうか?

ココロの状態がパフォーマンスに大きな影響を与えていることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

日々小さな改善を繰り返して楽しく、生き生きと過ごしていきたいですね!

最後にイチロー選手のこの言葉を紹介して終わりとします。

メンタルな部分が及ぼす肉体への影響は、とてつもなく大きい。

本日もありがとうございました。

■関連商品はこちら

これだけで、自宅がジムに。

背筋を伸ばしたり、広背筋・腹筋・大胸筋・上腕三頭筋を鍛えたい方におすすめなぶら下がり健康器です。 ハードな筋トレから、ソフトなエクササイズまで多彩なトレーニングが可能です。また、身長に合わせて高さを調節できます。

ぶら下がり健康器

販売価格:13800円(税込)

すばやさを高めよ!

サッカー、フットサル、野球、陸上、バスケットボール、バレーボール、テニスなどの敏捷性のトレーニングに最適です。

トレーニングラダー

販売価格:1380円(税込)

「軽量」「耐久」「弾力」のハイスペックシューズ

運動には欠かせない「軽量」「耐久性」「弾力性」を持ち合わせ、足の負担を軽減し優しくサポートしてくれます。

ランニングシューズ

販売価格:2480円(税込)
イチローのメンタルに学ぶ!自分の精神をコントロールする思考法
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

浅田真央の名言Ⅲ│技術は尽きない、常に上があるということ

浅田真央とは? 浅田真央とは、1990年9月25日生まれの愛知県出身。 2010年のバンクーバーオリンピックで銀メダリストになったことを

その他名言

松井秀喜の名言からスポーツ・人生の本質を学ぼう!

松井秀喜のゴジラっぷりを振り返る すでにご存知かと思いますが、今一度ゴジラ松井の凄さをおさらいしておきましょう。 松井秀喜の幼少

メンタル名言

筋トレの限界を超える5つの方法│自分に負けてしまう方へ

筋トレの限界とは? 筋トレの限界とは何でしょうか? 定義は人それぞれですが、簡単に言うと「筋トレの動作が出来なくなった状態」

メンタルメンタルコントロール目標達成ノウハウ筋トレ

栗山英樹の名言から組織を勝利に導く手法を紐解く│日本一の野球監督の教え

栗山英樹監督とは? 優勝旅行へ出発です✈️#lovefighters #宇宙一になったぞ #爆ぜた pic.twitter.com/W

メンタル名言

「王 貞治」の名言がプロ意識高すぎる言葉であふれている!│結果を残す思考を学ぶ

「王 貞治」氏の名言 あけましておめ(※以下同文) 球団事務所は、本日が仕事始め! 今年も「1(ワン)ダホー!」に気合い入れていき

メンタル名言

【スラムダンク】安西先生の名言から初心に帰る大切さを学ぶ

スラムダンク 皆さんは恩師と呼べる人がいるでしょうか。 少なからず自分に影響を与えてくれる人はいるでしょうか。 長く生きているから

メンタル名言

キング・カズ「三浦知良」の名言が男前すぎる!┃人生の荒波の乗り越え方と批判へのさわやかな応え方

キング・カズ「三浦知良」の挑戦力がハンパない! 2/26松本戦当日に50歳の誕生日を迎えるカズ選手。 メモリアルなシーズンとなる20

メンタル名言

筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由

ココロもカラダも、壊れることで強くなる カラダはトレーニングで筋組織を壊すことで、筋肉が成長し強くなります。 同じ力が加わっ

メンタルメンタルコントロール筋トレ

なぜデキるスポーツ選手はプラス思考なのか?│ホルモンと思考、行動の関係

考えが感情と行動を強める プラス思考 物事をプラスに考えるかマイナスに考えるかで行動が変わってきます。 行動が変われば、その結果も

メンタルメンタルコントロール

試合前のメンタルで勝負が決まる!│心を整える8つの方法

試合直前のメンタル まずは、”あと10分で試合が始まる”といった試合「直前」にすべきことをお伝えします。 1.楽しむ気持ちを持つ

メンタルメンタルコントロール集中力アップ