メンタルコントロール集中力アップ
2016.12.19

集中力を高める7つの方法│質の高い時間を過ごすコツ

こんにちは、GronGブログ編集部です。

前回「「集中」は4種類あった!│内的・外的集中を使い分けて集中力を高める」という記事を書きましたが、

本日は”集中の具体的な高め方”をご紹介したいと思います。

基礎的な内容ですぐに実践できるものかと思いますので、

一度お試しください。

本日もよろしくお願いします。

集中力を高める7つ方法

537545

1.腹八分目を心がける(食べすぎない)

お昼ごはんを食べすぎて午後から眠たくなった経験がある人は多いでしょう。

原因の1つとして、食べ物を消化するために胃などの消化器官に血液が集中し、

脳への血液循環が減少することで眠たくなると考えられています。

眠たくなると集中できないですし、何より健康のためにも腹八分目の食事を心がけるようにすると良いでしょう。

2.集中できる場所で仕事・練習をする

人によって集中できる場所は異なります。

例えば、僕は家で勉強することが出来ませんでした。

家だと部屋にベッドがあったり漫画があったりして、机で勉強しても30分もすれば横になって漫画を読んだりしてしまったのです。

「これではいけない、集中しないと!」と思うのですが、環境には勝てませんでした。

しかし、静かな図書館や自習室では集中して勉強が出来ました。

勉強以外することがなかったことと、周りも勉強していたからです。

逆に、家のほうが勉強できるという人もいるでしょう。

図書館、カフェ、自習室、自宅など、色々試してみて、自分が最も集中できる場所をみつけましょう。

集中できる環境を整えることが大切だということです。

3.自分に合った睡眠時間は確保する

自分に合った睡眠時間は本当に人それぞれです。

知り合いは4時間ですっきりするようですし、僕のように8時間は欲しいという人もいます。

色々な睡眠時間を試して自分に合った時間を見つけるしかないでしょう。

睡眠不足だと頭が回らずボーっとしてしまいます。

誰もが経験済みだと思いますが、眠たくてウトウトしてると集中とは程遠い状態になり、パフォーマンスが上がりません。
「ゾーン」に入る7つの方法│究極の集中力でパフォーマンスを向上させよう!

若いときほど夜遊びや深夜までLINEをしたりして寝不足になりがちですが、

きちんと睡眠時間を確保して、次の日の集中力を最大化させましょう。

4.音楽を聴く

僕は音がないほうが集中できますが、音楽を聴いたほうが集中できる人もいます。

スノーボードハーフパイプの大会でイヤホンで音楽を聴きながらプレーする人がいますし、

勉強でも無音よりちょっとした音があったほうが集中できるという人もいます。

聞く音楽は以下で記事にしていますので、ご一読ください。

音楽の参考

ストレッチ中に音楽を聴いてリラックス力を高めよう!┃厳選6曲を紹介します!

リラックスできる音楽はこれだ!!│聴いてわかったオススメ5選

5.ガムを噛む

ガムを噛むことで、噛む筋肉(咬筋)が活性化し、三叉神経が刺激されることで脳への血流量が増加します。

その結果、集中力がアップします。

噛む行為に集中力アップ効果があるので、ガムでなくても良いです。

6.ストレッチする

動いている時より座っていたりじっとしている時のほうが集中が切れて眠たくなる事が多いです。

勉強している時が分かりやすいですね。

これは長い時間同じ姿勢を続けることで、筋肉が硬くなって血行が悪くなってきます。

血行が悪くなると脳への血流も減少し、集中が続かなくなってしまいます。

そこでストレッチをすることで、悪くなった血流を元に戻すことが出来るということです。

7.はっきりした目的・目標を持つ

  • 「なぜそれをやるのか?」
  • 「どの目標に向かっているのか?」

このような目的・目標がないと人間は行動しずらい生き物です。
「ゴールデンサークル理論」を知って選手やファンを熱狂させよう!│選手のスキルアップも加速させる

以下の記事で目的と目標を設定する必要性や理由を解説しています。

目的・目標があることで、目の前の作業の意義を見出し、集中して取り組むことが出来るようになります。

目的・目標の記事

目的と目標の違いを知って、確実に成果を上げる人間になる!

目標設定の方法とsmartの法則│夢・目的のために目標設定が必要な3つの理由

おわりに

おわりに

いかがだったでしょうか?

集中力を高めて密度の濃い時間を過ごせるようになれればと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

■関連商品はこちら
集中力を高める7つの方法│質の高い時間を過ごすコツ
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

「集中」は4種類あった!│内的・外的集中を使い分けて集中力を高める

4つの集中   内的集中とは、自分の内面(気持ち、考え、イメージ、筋肉、呼吸など)を意識した集中のことです。 外的集

その他メンタルコントロール集中力アップ

これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法

トレーニングのモチベーションを上げる5つの方法 1.「なぜ、やるのか」をはっきりさせておく(目標の明確化) ”初心忘るべからず”とい

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

なぜデキるスポーツ選手はプラス思考なのか?│ホルモンと思考、行動の関係

考えが感情と行動を強める プラス思考 物事をプラスに考えるかマイナスに考えるかで行動が変わってきます。 行動が変われば、その結果も

メンタルメンタルコントロール

「レジリエンス」力を高めて折れない心をつくる8つの方法│失敗から立ち直れ!

レジリエンスとは? レジリエンスとは、「復元力」「抵抗力」「折れない心」「跳ね返す力」と言われる心理用語です。 硬い鋼のよう

ストレス解消その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

セルフトークをマネジメントして感情をコントロールする4つの方法

セルフトークはなぜ生まれるか? セルフトークは大きく2つある まずセルフトークは大きく2種類あることを知っていただきたいと思います。

コミュニケーションメンタルメンタルコントロール

スランプ脱出のためにすべき6つのテクニック

そもそもスランプとは? そもそもスランプとは何でしょうか? それは、過去の自分から成長していない状態です。 過去の自分

ストレス解消メンタルメンタルコントロール

「サイキングアップ」で限界までパワーを引き出そう│心のウォーミングアップの4つの方法

サイキングアップとは? サイキングアップ(psyching up)は、試合にぴったりな集中・興奮状態にするメンタルコントロール法の

メンタルメンタルコントロール集中力アップ

試合前のメンタルで勝負が決まる!│心を整える8つの方法

試合直前のメンタル まずは、”あと10分で試合が始まる”といった試合「直前」にすべきことをお伝えします。 1.楽しむ気持ちを持つ

メンタルメンタルコントロール集中力アップ

イチローのメンタルに学ぶ!自分の精神をコントロールする思考法

イチローの名言 好きなことを、続ける 今自分がやっていることが好きであるかどうか。 それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前

メンタルメンタルコントロール名言