メンタル集中力アップ
2016.10.24

「ゾーン」に入る7つの方法┃究極の集中力でパフォーマンスを向上させよう!

えっ!もうこんな時間!?極限の集中状態

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日は「ゾーンに入る」方法や事例をご紹介したいと思います。

早速ですが、こんな経験ありませんか?

  • 好きな子とデートしてたらあっという間に時間が過ぎていた
  • 野球のバッティング練習に熱中したら日が暮れていた
  • テストに集中していて、終わるまで一切の雑念がなかった‥など。

集中を通りこした極限の集中状態となった経験がある人は多いはずです。

そういった状態となることを「ゾーンに入る」と言います。

まずは「ゾーンに入る」ということについて詳しく見ていきましょう。

なぜ気が散ってしまうのか?

気が散って集中できない状態をノンフロー状態といいます。

「揺らぎ」や「とらわれの状態」とも言われます。

  • 揺らぎ:様々なマイナス感情が思い起こされた不安定な心の状態
  • とわられ:過去の出来事から作られた思い込みに支配された状態

気が散ってしまう原因は大きく3つあります。

  • 環境
  • 出来事
  • 他人

環境とは、その人がいる場所や状態のことです。

勉強する時、クルマやバイク、人の声といった騒音があると集中できないでしょう。

リラックスしたい診療所でハードな音楽が流れると逆に興奮状態になってしまうでしょう。
リラックスできる音楽はこれだ!!│聴いてわかったオススメ5選

出来事はその人が経験したことです。

試合前にパートナーと大喧嘩したとか、ケガしたりすると、ずっとそのことが気になって目の前のことに集中できなくなってしまう人がいます。
気持ちをパッと切り替える6つの方法と4つの考え方

他人とはまさに自分以外の人のことです。

他人の一言に傷ついたり、励まされてやる気が出たりした経験は誰しもあるでしょう。

他人の言動が自分に影響を与えているのです。
ペップトークは知っておこう!│試合、商談、教育現場の最強コミュニケーション術

しかし気が散ってしまう真の原因は脳

私たちが”気が散ってしまう”といったとき、原因は「環境」「出来事」「他人」にあると考えます。

ある意味正解です。

それらが気を散らせているでしょう。

しかし、本当の原因ではありません。

なぜなら同じ環境に置かれても、気が散らない人もいるからです。

(僕はできないですが)イヤホンで音楽を聴きながら勉強に集中できる人がいます。

仕事前にパートナーと喧嘩しても、職場に来ると仕事スイッチが入って気が散らない人も少なくありません。
セルフトークをマネジメントして感情をコントロールする4つの方法

つまり、同じ状況でも気が散る人と気が散らない人がいるのです。

脳は勝手に意味づけする

私たちの脳は「環境」「出来事」「他人」に対して様々な意味づけを勝手にします。

例えば、雨が降って気分が乗らない人がいるとします。

しかし、「雨」には気分が乗らないという意味はもともとついていません。

農家の方など、雨を心待ちにしていた人もいるのです。

「環境」「出来事」「他人」に対して、後から自分が勝手に意味づけしたわけです。

あなたの脳が、です。

まずは、「環境」「出来事」「他人」に元々意味づけはなく、

それは後から自分の解釈を通じてつけたものだと理解しておきましょう。

「ゾーンに入る」とは

「ゾーンに入る」とは、集中を通り越した集中‥究極の集中状態のことを言います。

例えば「ゾーンに入る」と次のような現象が現れます。

  • ピッチャーが投げたボールが止まって見える
  • サッカーのPKで、音がまったく聞こえずボールだけに集中している
  • 頭が高速回転してテスト問題がスラスラ解ける

など、時間や自分自身の感覚がなくなる程集中した状態になります。

ゾーンの前に「フロー状態」がある

ゾーンに入る前には「フロー状態」があります。

フロー状態とは、ある作業に完全にのめり込んで没頭している状態です。

フローの行き着く先が「ゾーン」ということです。

何かの行為に集中していた時に、ふと「ゾーンに入っていた」ということです。

「ゾーンに入る」と自分以外がスローに見えたり、視覚・聴覚機能が活性化されて反応が速くなります。

「ゾーンに入る」には特別な才能が必要だと思われがちですが、実はそうではありません。

訓練次第で「ゾーンに入る」ことが可能となります。

「ゾーンに入る」7つの方法

1.「いま」に集中する

過去の失敗や後悔していること、将来の不安などに囚われるのではなく、

今すべきこと、今できること、に集中することが大切です。

コントロールできるのは「今」しかないのですから。

2.内面からのモチベーションを持つ

人にやりなさいと言われてやる場合はモチベーションを保つのが難しいと言われています。

それが自分のやりたいことであれば良いのですが、そうでない場合はモチベーションが上がらないからです。

モチベーションは自分の中にあるものです。

なので、自分の内面からのモチベーションに突き動かされたほうが、ゾーンに入りやすくなります。

例えばキャッチボールが好きで好きでたまらない場合、何時間でもキャッチボールをし続けられるでしょう。

なぜ続けられるのか?

それは「好き」だからです。

「好き」や「したい」という感覚を大事にしましょう。

3.1つのことに集中する

いくつかの事を同時並行で進めるより1つのことに専念したほうがゾーンに入りやすくなります。

  • 2アウト満塁一打逆転のバッターボックス
  • 試合を決めるPK戦
  • 勝負が決まる最後のパター

など、極限の集中状態になる時は1つのことに集中している時が多いのです。

4.集中できる環境を整える

ゾーンに入りたかったとしても、うるさいBGMや人の声、体調不良などがあると難しいでしょう。

集中できる環境を整えておきましょう。

5.はっきりした目標を持つ

叶えたい目標をしっかり持つことも大切です。

先ほどの例で言えば、

  • 絶対にヒットを打って点を取る
  • PKを決めてヒーローになる
  • パターを入れて優勝する

といった目標を持っているほうが「ゾーンに入り」やすくなります。

6.ふとした感情に流されない

何かに対して自然に沸きあがった感情に振り回されてはいけません。

動揺することで集中力が切れてしまうからです。

その場の感情に流されるのではなく、冷静に平常心で対応し、「いま」できることに集中しましょう。

7.プロセスをイメージする

いきなり始めるのではなく、どういう流れで進めるのかをイメージしてから始めたほうが、ゾーンに入りやすくなると言われています。

よく「結果」だけをイメージすることがありますが、プロセスこそイメージすべきです。

成功のプロセスの延長線に結果があるのですから。

「ゾーンに入っている」ときの感覚

ゾーンやフロー状態の提唱者”ミハイ・チクセントミハイ”によると、「ゾーンに入る」と次のような感覚が得られるようです。

  • 感覚や神経が活性化し、「研ぎ澄まされた感覚」を味わう
  • まるで時間が止まっているかのような「時間感覚の歪み」を感じる
  • 気持ちよくなって幸福感を得る
  • 痛みや苦しみから解放される
  • 状況判断が鋭くなる

おわりに

ロゴ

いかがだったでしょうか?

集中力を研ぎ澄ますことでパフォーマンスの向上が期待できます。

上でお伝えした7つの方法をぜひ取り入れていただければと思います!

本日もありがとうございました。

■関連商品はこちら

使いやすさ、バツグン!

クッション性が高く、身体が床にあたる部分の衝撃を吸収し、ひざや腰などへの痛みや負担を軽減します。
また、1800mmのロングサイズなので、どんなポーズでも安心して動くことができます。

ヨガマット(8mm)

販売価格:1780円(税込)

シェイプアップ、インナーマッスル、バランス力の強化

本製品はアンチバースト仕様です。万が一穴が開いてしまったときに破裂することなく、少しずつ空気が抜けていくので、安心してご使用いただけます。

バランスボール

販売価格:1780円(税込)

大人気!エクササイズポール

簡単にエクササイズやストレッチ・運動が可能なエクササイズポールです。

ストレッチ用ポール

販売価格:3480円(税込)
「ゾーン」に入る7つの方法┃究極の集中力でパフォーマンスを向上させよう!
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

平愛梨と結婚!長友佑都の名言と一流になる逆算術

長友佑都とは? ミラノで日本食食べに行きました。 これは新鮮な刺身です。 うますぎた! cena giappnese👍 pic.

メンタル名言

ダイエットの名言を集めてみた!!┃痩せれないなんて、言わせない

頑張るダイエッターのための名言集 ダイエットの失敗は「やせないこと」ではなく、「続けられないこと」 何でもそうですが、続けら

ダイエットメンタルメンタルコントロール名言

『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(原晋)に学ぶ!確実に目標を達成する方法

目標を達成する方法 1.オンとオフの切り替え もちろん、ハードな練習は不可欠だ。 ニコニコ笑いながら練習しているだけでは強くな

おすすめ本メンタルランニング名言

マイケル ジョーダンの7つの名言│バスケの神様から勝負の勝ち方を学ぶ

マイケル ジョーダンの名言 言葉に責任を持つ リーダーとなるためには、行動によって 仲間から尊敬を集めなければならない。

メンタル名言

「タイガー・ウッズ」の5つの名言から夢と目標を持つ大切さを学ぶ

ゴルフ界のスーパースター「タイガー・ウッズ」が語る夢を持つことの大切さ After several months of testing

メンタル名言

「レジリエンス」力を高めて折れない心をつくる8つの方法│失敗から立ち直れ!

レジリエンスとは? レジリエンスとは、「復元力」「抵抗力」「折れない心」「跳ね返す力」と言われる心理用語です。 硬い鋼のよう

ストレス解消その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

「セルフ・トーク」の3つの効果と3つのやり方

セルフ・トークとは? セルフ・トークは「自己会話」「独り言」と言われるもので、心の中のつぶやきです。 「あ~しんどいな~

コミュニケーションメンタル

長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

長渕剛とは さあ集まれ!! 俺はここで待つ!!#長渕剛 #長渕剛アンバサダー #長渕10万人 pic.twitter.com/x

メンタル名言

ゴルフ界の帝王!ジャック・ニクラウスの5つの名言┃強運と集中力から学ぶ勝利の鉄則とは?

ゴルフ界の帝王「ジャック・ニクラウス」 Happy 10-year anniversary to @StFrancisLinks in

メンタル名言

錦織 圭のメンタルを最強にした3つの方法│マイケル・チャンの指導力

マイケル・チャンが錦織のメンタルを変えた 『マイケル・チャンのテニス塾』がDVD付き書籍となって、宝島社より発売中!写真・図解付きで深

メンタルメンタルコントロール