ボクシングメンタル名言
2017.02.21

「モハメド・アリ」の7つの名言┃史上最強の伝説のボクサー

不可能なんて、ありえない

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日はボクシング界の伝説の偉人「モハメド・アリ」の名言をご紹介します。

ヘビー級史上最速のパンチスピードを誇り、今なお影響を与え続けている偉人の名言から逆境への立ち向かい方などを学んでいけたらと思います。

本日もよろしくお願いします。

モハメド・アリ…この人物、ザ・グレーテスト―。


人はモハメド・アリに敬意を表してそう呼びます。

しかし、この呼称は元はと言えば、アリ自ら「オレはグレーテストだ」と言ってのけ、当時はビッグマウスとしてひんしゅくを買った発言でした。

しかし、現在までアリを超えるグレーテストは出現していないでしょう。

ボクシング界のみならず、スポーツ界、いや、全世界における偉人であったことは誰もが認めるところです。

アリはローマ五輪のライトヘビー級金メダルを引っ提げて1960年にプロデビューしました。

ヘビー級と言えば、パワーにものを言わせ、力で倒すボクシングが全盛の時代。

下の階級から上げてきたアリは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と表現されたスピード感あふれるパンチと滑らかなフットワークを武器にしていました。

そして1964年に史上最強のハードパンチャーと評されていたソニー・リストンをKOで破って世界の頂点を極めました。

そして、リング上でのパフォーマンス以上に注目を集めたのが、現在も語り継がれる名言の数々です。

イスラム教の信徒であることを公表してカシアス・クレイから改名し、まだまだ黒人差別の根強かった米国社会への反発を隠そうとしませんでした。

モハメド・アリの名言


アリの名を最も有名にしたのがベトナム戦争の徴兵を拒否した際の言葉でしょう。

何の罪も恨みもないべトコンに銃を向ける理由は私にはない

1967年、ベトナムとの戦争を本格化させていた米国において、アリの発言は大きな衝撃をもたらしました。

当時、無敗のまま世界ヘビー級王座を9度防衛しており、ボクサーとして脂が乗り、まさに最盛期を迎えていましたが、自分の信念を貫いたがために有罪判決を受け、ボクシングライセンスも剥奪、3年以上のブランクをつくることになりました。

アリはこんな名言も残しています。

50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。

歴史に「もし」は禁物かも知れませんが、それでもやはり、アリが25~28歳の大切な時期にリングに上がり続けていたらどうなっていたかを想像してしまいます。

プロキャリアにおいて3度ヘビー級王座に就き、計19度防衛したことを考えると、今も世界記録として輝いているジョー・ルイスの25連続防衛を塗り替えたのでないか。

逆に30代後半までリングに上がって、引退後にパーキンソン病に苦しむこともなかったのではないか。

そんな感傷的な空想が、アリのボクサー人生の価値をさらに上げているようにも思えます。

※パーキンソン病とは手足が震えたり、動きが遅くなる難病です。

引退後のアリはスピード満点だった現役時代の面影が消え失せ、この病に苦しめられました。

蓄積したパンチのダメージとパーキンソン病の因果関係は分かりませんが、小刻みに震えるアリの手はスーパースターの晩年としてはあまりにも悲しいものでした。

リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる

アリが50歳の時、世界をどんな風に見ていたのでしょうか。

ブランクの3年を「無駄にした」とは決して思っていないでしょうが、故人となった今では確かめようもありません。

しかし、少なくともリングに上がれない間も自らの主張を曲げることはなく、講演等で叫び続けました。
アリが叫び続けた主張は、例えば「黒人の徴兵率は30%。白人は10%。なぜだ?」や「オレは1964年に徴兵検査を受けた。そこで適性無しと判断したのは誰だ?再検査もせずにどうして突然合格になる?ちゃんと説明して欲しいのはオレの方だ。でも彼ら(選抜徴兵制委員会)は何も答えない」や「いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない」等を叫び続けました。

金持ちの息子は大学に行き、貧乏人の息子は戦争に行く。そんなシステムを政府が作っている

当初はアリに批判的だった世論も次第に風向きが変わっていきました。

強大な権力にも屈しない、どこまでも真っすぐなアリの信念が、人々の…特に黒人の心を捉え始めます。

1971年、ついに有罪判決が破棄されました。

ともあれ、1971年に有罪判決が破棄されたアリはリングに復帰します。

しかし、ブランクの影響もあって復帰3戦目でジョー・フレージャーに敗れ、ケン・ノートンにも判定負け。

1974年、当時40戦全勝(37KO)を誇った若き王者、ジョージ・フォアマンへのタイトル挑戦が決まった時は圧倒的不利の予想でした。

誰もがフォアマンの早い回でのノックアウトと見ていた中、唯一、勝利を信じていたのがアリだったのかも知れません。

人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる。

ザイールのキンシャサで行われた試合、序盤から象のようにノッシノシと強烈な左右のパンチを振り回して前進するフォアマンに対し、アリはロープ際でガードを固めてチャンスを待ちました。
フォアマンに打ち疲れの見えた8回、アリは一瞬の隙を逃さず、フォアマンの顎にパンチを叩き込み、劇的なKOでベルト奪回。
“キンシャサの奇跡”と語り継がれる伝説の一戦となりました。

不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した臆病者の言葉だ。
不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。
不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
不可能とは、誰かに決めつけられることではない。
不可能とは、可能性だ。
不可能とは、通過点だ。
不可能なんて、ありえない。

不可能を可能にしたアリが言うからこそ重みがあります。

過激で物事の核心を突く発言の数々は当初「ほら吹き」などと揶揄されることもありました。

しかし、生涯にわたって信念を貫き、体現したからこそ、誰もが認めるグレーテストとなりました。

肯定の繰り返しが信念につながる。

その信念が深い確信になると、物事が実現し始める。

アリが最も強かったのはパンチ力ではなく、自分を信じる力だったのではないでしょうか。

もしかしたら名言の数々は自分への戒めだったのかも知れません。

言葉を発するだけなら誰にでもできます。

自らの人生でそれを証明し続けたアリの名言は、価値観が多様化し、様々な情報が錯綜する現代にこそ必要とされている気がします。

おわりに

いかがだったでしょうか?

自分を信じると書いて「自信」と読みます。

ネガティブになるのは簡単ですが、やる気とエネルギーを出して踏ん張る精神力が現代に求められていますね!
キング・カズ「三浦知良」の名言が男前すぎる!┃人生の荒波の乗り越え方と批判へのさわやかな応え方

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

■関連商品はこちら

厚手で耐久性に優れたパンチングミット

打撃面はパンチをしっかりと受け止める曲線フォルムを採用しています。
ボクシングの練習はもちろん、エクササイズ(ボクササイズ)やストレス解消などにもご使用いただけます。
本製品は左右(両手)セットになります。

パンチングミット

販売価格:1280円(税込)

縄跳びはトレーニングの基本

クッション素材のハンドグリップは通気性・滑り止め機能に優れておりしっかり握ることができます。 ハンドル部分にはベアリングが入っていますので、ロープが絡まりにくく、回転速度を維持することができます。

縄跳び

販売価格:680円(税込)

これだけで、自宅がジムに。

背筋を伸ばしたり、広背筋・腹筋・大胸筋・上腕三頭筋を鍛えたい方におすすめなぶら下がり健康器です。 ハードな筋トレから、ソフトなエクササイズまで多彩なトレーニングが可能です。また、身長に合わせて高さを調節できます。

ぶら下がり健康器

販売価格:12480円(税込)
「モハメド・アリ」の7つの名言┃史上最強の伝説のボクサー
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

高橋尚子の前向きな名言!┃現役を引退しても多方面で活躍中!

1 高橋尚子とは? 1.1 高橋尚子 生年月日:1972年5月6日 出身地:岐阜県 両親ともに教育者という家庭に第2子として

メンタル名言

筋トレの限界を超える5つの方法│自分に負けてしまう方へ

筋トレの限界とは? 筋トレの限界とは何でしょうか? 定義は人それぞれですが、簡単に言うと「筋トレの動作が出来なくなった状態」

メンタルメンタルコントロール目標達成ノウハウ筋トレ

アーノルドパーマーの8つの名言┃近代のゴルフ”ビッグ3”の言葉

アーノルド・パーマーとは? Help his legacy live on. Join @ArniesArmyCF today. http

メンタル名言

【スラムダンク】安西先生の名言から初心に帰る大切さを学ぶ

スラムダンク 皆さんは恩師と呼べる人がいるでしょうか。 少なからず自分に影響を与えてくれる人はいるでしょうか。 長く生きているから

メンタル名言

長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

長渕剛とは さあ集まれ!! 俺はここで待つ!!#長渕剛 #長渕剛アンバサダー #長渕10万人 pic.twitter.com/x

メンタル名言

「サイキングアップ」で限界までパワーを引き出そう│心のウォーミングアップの4つの方法

サイキングアップとは? サイキングアップ(psyching up)は、試合にぴったりな集中・興奮状態にするメンタルコントロール法の

メンタルメンタルコントロール集中力アップ

これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法

トレーニングのモチベーションを上げる5つの方法 1.「なぜ、やるのか」をはっきりさせておく(目標の明確化) ”初心忘るべからず”とい

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

名言に学ぶ!超一流スポーツ選手になるために│考えながら、練習する

スポーツの名言をご紹介します やみくもNG!目的意識を持って練習する 同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結

メンタル名言

箱根完全制覇の青学監督「原晋」の壮絶な人生│業界の異端児。でも、「俺はやったるぞ」

原晋監督のプロフィール #全日本大学駅伝 #監督記者会見 青山学院大学 原監督 原監督といえばの〇〇作戦!ぴっちぴちの選手がそろっ

コミュニケーションその他トレーニングメンタル目標達成ノウハウ

スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

なぜメンタルが重要なのか? スポーツの世界では「心・技・体」(しんぎたい)という言葉がよく使われます。 簡単に説明すると、

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール