その他名言
2017.03.14

野村忠宏の名言から結果を出すプロセスの大切さを学ぶ

野村忠宏の名言をご紹介!

こんにちは、GronGブログ編集部です。
本日は外部ライターさんの寄稿記事で柔道界のレジェンド「野村忠宏」さんの名言をご紹介します。
よろしくお願いします。

柔道界の生きた伝説「野村忠宏」さん


2020年に開催される東京オリンピック。
自国開催ということもあり、多くのメダルが期待されますよね。
中でも日本のお家芸とされる柔道には、日本中が注目するのではないかと思います。
多くの金メダリストを輩出している日本の柔道界。
今回はオリンピック柔道史上、初の3連覇という偉業を達成し、怪我を乗り越え自身の限界まで柔道家として戦い抜いた野村忠宏さんをフィーチャーしたいと思います。
勉強、仕事、スポーツなど、日常の中で、結果を求められるあなたへ、野村さんの言葉から、何かを伝えられればと思います。

野村忠宏とは?


野村忠宏(のむらただひろ)さんは、1974年12月10日生まれで42歳の柔道家です。
祖父、父、兄、叔父も柔道に携わる柔道一家で育ちました。
柔道家になるのは必然だったのかもしれませんね。
体格は小柄で、柔道を始めたばかりの頃は女の子に負けるほど弱かったようです。
なので、同じく柔道家である実の父親・基次さんには「無理して柔道をしなくていいぞ」と言われたことがあるそうです。
しかし、父の言葉で逆に火のついた野村さんは、柔道強豪校で有名な天理高校に進学し柔道を続けていきました。
運動を簡単に習慣化させる5つの方法

高校卒業後も野村さんは、小柄な体格をカバーする多彩な技とキレ、スピードに加えて、守りのカンの鋭さで世界の選手と渡り合ってきました。
野村さんが初めて出場したオリンピックは、1996年のアトランタオリンピック。
当時22歳の野村さんは、男子柔道60kg以下級で出場し、金メダルを獲得しました。
4年後の2000年に出場したシドニーオリンピックでも金メダルを獲得し、柔道軽量級で初の2連覇を達成しました。
2004年に出場したアテネオリンピックでは、柔道史上初、全競技を通してはアジア人初となる3連覇を達成しました。
2004年当時、野村さんは30歳。
続々と20代の若手選手が出てくる中で、体力は勿論、心の強さでメダルをもぎ取ってきたのだと思います。

野村さんは、現役引退後、リオデジャネイロ五輪に挑む柔道男子代表選手らに向けた講演会の中で以下のように発言しています。
誰かに頼まれて(金メダルを)目指したわけじゃないだろ
あの(オリンピックの)舞台で、重圧を感じながら戦える選手はほんの一握り。
誇りと喜びを感じ、強い心を持って戦ってほしい。

きっと、野村さんも現役時代から強い心を持って、競技に取り組んでいたのだと思います。

2008年開催の北京オリンピックは、直前に右膝前十字靭帯を切断する怪我を負ってしまい、万全の状態で代表選考会に望めず、敗北してしまって出場できませんでした。
その後も現役を継続するも、2015年に「体の限界」として現役を引退しています。
現役を引退した後は、テレビのコメンテーターや柔道指導家として活躍しているようです。

以上から、野村さんは弱い子供時代、前人未到の偉業を成し遂げた最強時代、怪我に苦しみ試合に勝てないことに苦しみ続けた時代を経験してきたことがわかります。
さまざまな立場から柔道に向き合い続けた野村さん。
そんな野村さんが、結果を出し続けられたのはなぜでしょう。
野村さんの発言から、私なりに3つにまとめてみたので見ていきましょう。

野村忠宏の名言

「気持ち」が根付く土台

「土台」「軸」「心」が揃って初めて、スランプは乗り越えられる。

気持ちの持ちようは大きい。

ただ、気持ちだけでは、結果は変えられないとも思います。
若い頃から地道に築いてきた経験という「土台」、そして「何が何でも五輪で金を獲得する」といったブレない「軸」が必要です。

「結果を出したい」という「心(目標)」を持つことは大事ですよね。
(目標設定の方法とsmartの法則│夢・目的のために目標設定が必要な3つの理由)
ただ、目標を持つだけでは、何事も達成できないと思います。
大切なのは、目標をしっかり支えられる「土台」である努力した経験と、目標を何が何でも達成するという「軸」だと語っておられます。
それまで地道に積み重ねてきた練習という「土台」が、野村さんの何が何でも勝つという「心」を支えてきたのだと思います。
絶対に五輪で金を獲得するという「軸」があったことで、オリンピック3連覇という偉業を成し遂げられたのではないかと思います。

「切り替え力」

五輪でメダルを獲得する選手は切り替えがうまいんです。

練習以外の時間はしっかり遊び、リフレッシュする。
ただ練習になると皆、すさまじい集中力で取り組みます。
この「切り替え力」が長けている選手ほど、結果を出しています。

五輪の舞台では全国民が見守る中で戦うわけですから、想像以上の恐怖心とプレッシャーを抱えます。
四六時中、競技のことしか考えないようでは、押し潰されてしまう。
集中する時は集中し、遊ぶ時は思いっきり遊ぶといった「切り替え力」は重要です。

量より質という言葉があるように、結果を出すためにやるべきことは、だらだらと続けることでなく、短時間でも集中して物事に取り組むことだと思います。
集中力を高める7つの方法│質の高い時間を過ごすコツ
これは、スポーツでも仕事でも勉強でも、当てはまることだと思います。
仕事は仕事、遊びは遊びと切り替えてリフレッシュすることで、集中力を高め、結果的に良い成績が出るのでしょうね。
野村さんも、練習漬けになりがちな日本のスポーツ界では珍しく、意識的に休養期間も設定し、オリンピックの行われる4年ごとに自身のピークを作るべく、練習から離れていたそうです。
そういった切り替えの上手さが、3大会連続金メダル獲得という偉業達成に一役買っていたのは間違いないですね。
気持ちをパッと切り替える6つの方法と4つの考え方

「プロセス」の先の結果

これまではプロセスより結果だと考えていた。
でも、プロセスの意義を40歳まで続けることでわかるようになった。

求められる結果を出すためには、プロセスを十分検討しなければならないのだと思います。
受験勉強を例に考えると、目標の学校に合格するためには、試験の日から逆算して勉強の計画をたてる必要があります。
「タイガー・ウッズ」の5つの名言から夢と目標を持つ大切さを学ぶ
合格という結果を出すためには、必然的にプロセスを重要視しなくてはいけないのだと思います。
もちろん野村さんは結果よりもプロセスを大切にするということばかりが言いたいのではなく、結果を出すという目的のために、プロセスという手段もないがしろにしてはいけないということを言いたいのかと、私は思いました。
また、野村さんのように1度大きな成果をあげると周囲からは次も結果を出して当たり前、という風に思われがちです。
結果を出し続けるためには、結果に繋がるプロセスを踏襲することが一番の近道です。
簡単に言うと、スポーツ選手のルーティーンや願掛けなども、結果を出すプロセスのひとつだと私は思います。
ラグビー日本代表の五郎丸選手が、キック前にやるポーズ。
五郎丸選手の名言とキャリアをまとめました!┃五郎丸ポーズで日本ラグビーを盛り上げる
メジャーリーガーのイチロー選手が、打席に入る前にする仕草。
結果を出した時のプロセスを習慣化することで、求められる結果を出し続けることができるのではないでしょうか。
習慣化する5つのコツ│もう「続かない」とは言わせない!

まとめ

ロゴ
 野村さんの発言から、読み取れることは以下の3つでした。

  • 目標を実現するためには経験と「目標を達成する」という軸が必要である。
  • 量より質を実現するためには、切り替えが大事である。
  • 結果を出すためには、プロセスの十分な検討が必要である。

いかがでしたか。
今回の記事で、少しでも求められる結果に近づくきっかけが得ることができていればと思います。
ありがとうございました。

■関連商品はこちら

100kgまでトレーニング可能!握力の限界に挑め1

スプリングの位置を変更することで強度を調整し、前腕や握力を鍛えることができるトレーニング器具です。

スーパーグリッパー

販売価格:2480円(税込)

チューブ1本で「腕・腰・脚」全ての部位がトレーニング可能

トレーニングチューブを利用することで、筋力トレーニングやストレッチなどに最適なトレーニングチューブです。機器などに比べて筋肉への負担が少なく、異なる強さで様々なトレーニングが可能です。

トレーニングチューブ

販売価格:3980円(税込)
野村忠宏の名言から結果を出すプロセスの大切さを学ぶ
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。 スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

最高速度で泳ぐための2つのコツ│けのびとキャッチを極める

はじめに 水泳をやっているなら誰でも速く泳げるようになりたいですよね。 今回はそんな方のために4泳法を速く泳ぐために重要なポ

その他水泳

「王 貞治」の名言がプロ意識高すぎる言葉であふれている!│結果を残す思考を学ぶ

「王 貞治」氏の名言 あけましておめ(※以下同文) 球団事務所は、本日が仕事始め! 今年も「1(ワン)ダホー!」に気合い入れていき

メンタル名言

フットサル歴15年の私がフットサルのルールと魅力を全力で紹介!│みんな蹴れる、女性は2点!

フットサルとは? 明日は#Fリーグ!vs名古屋オーシャンズ!16:30キックオフ pic.twitter.com/dfh0KgnaVY&m

その他

体操女子競技観戦の楽しみ方と種目のご説明

日本体操女子が、今アツい! 体操と言えば日本では男子が注目されがちです。 でも実は日本の女子体操も2016年リオオリンピックで団体4

その他体操競技

バスケットボールでジャンプ力を上げる5つのトレーニング

はじめに 今回は、バスケットボールで大事なジャンプ力をあげるトレーニングについて、実際に私がしてきたトレーニング方法を伝授いたします。

その他バスケットボール

東京で涼しい森林の中にあるランニング・ウォーキングコースをご紹介!│野川公園&武蔵野公園

夏こそ、ランニングですよね 夏のランニングは、たくさん汗を流して気持ち良いものです。 でも熱中症にならないように対策が重要です。 この

その他ランニング

ゴルフ界の帝王!ジャック・ニクラウスの5つの名言┃強運と集中力から学ぶ勝利の鉄則とは?

ゴルフ界の帝王「ジャック・ニクラウス」 Happy 10-year anniversary to @StFrancisLinks in

メンタル名言

卓球の効果的な8つ練習方法│「負ける人は無駄な練習をする」

はじめに 今、世間は空前の卓球ブームです。 中高の卓球部はもちろん、地域の卓球クラブにも入部希望者が増えてきています。 今回は

その他卓球

「集中」は4種類あった!│内的・外的集中を使い分けて集中力を高める

4つの集中   内的集中とは、自分の内面(気持ち、考え、イメージ、筋肉、呼吸など)を意識した集中のことです。 外的集

その他メンタルコントロール集中力アップ

広島市中区にある景色が楽しめるランニング・ジョギングコース2選

広島市中区のランニング・ジョギングコース これから広島市中区にある2つのランニング、ジョギングコースを紹介していきます。 この2つのコー

その他ランニング