その他トレーニングメンタルメンタルコントロール
2016.10.21

スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

ココロは、強くなる

こんにちは、GronGブログ編集部です。

本日は「スポーツのためのメンタルトレーニング」についてお話します。

スポーツの場でこんな経験をしたことはありませんか?

  • 試合前になると失敗しそうで怖くなる
  • 本番になるといつも緊張して実力が発揮できない
  • ミスしたことを引きずってしまう‥など。

これらは「心が整っていないから起きた現象」です。

裏を返せば、心をコントロールできればこれらの現象は減らせます。

今回は、メンタルを整える方法をご紹介していきたいと思います。

本日もよろしくお願いします。

なぜメンタルが重要なのか?

スポーツの世界では「心・技・体」(しんぎたい)という言葉がよく使われます。

簡単に説明すると、

  • 心‥精神力、考え方
  • 技‥技術力、テクニック
  • 体‥体力

となります。

スポーツの世界では「心・技・体」をバランス良く鍛えることがパフォーマンス向上に不可欠だということです。

しかし、皆様の記憶をたどってほしいのですが、

「心」のトレーニングを受けた経験はありますでしょうか?

後回しにされてきたメンタルトレーニング

「心」を鍛えるのがメンタルトレーニングなのですが、

専門的にメンタルトレーニングを受けた人は少ないと思います。

日本ではメンタルトレーニングを受ける機会が少ないからです。

いや、教える人が少ないと言ったほうがいいのかもしれません。

野球を例にしたとき、次の練習は必ずやるでしょう。

  • バットの芯に当てる方法やトレーニング(打撃練習など)‥技術
  • 基礎体力をつけるトレーニング(腕立て腹筋背筋など)‥体力

しかし、次のことを教わった人は少ないでしょう。

  • 打席に立つ時に平常心でいられる方法
  • 苦しいトレーニングを乗り越える心の持ち方
  • ピンチの時の心構え

強豪校でメンタルトレーニングの専門家が常駐しているなら別ですが、

そうではない多くのチームや学校では、「心」を教わっていないのです。

パフォーマンスを左右するのに、です。

心の状態がパフォーマンスを左右する

スポーツとメンタルの関係は100年以上前から研究されていますが、

難しい理論を知らなくても、心理状態がパフォーマンスに影響することを実感されているかと思います。

  • 落球して焦って投げると暴投した
  • 練習に行きたくないなと思うとお腹が痛くなる
  • 絶対にシュートを決めなきゃと思うと力んでシュートを外してしまう‥など。

例を挙げればキリがありません。

「「心」(メンタル)がスポーツパフォーマンスに大きな影響を与えるのに教えてくれない
(教える人がいない)」。

であれば、自分達で学ぼう!ということで、心との付き合い方をご説明したいと思います。

メンタルの心構え

1.ピンチは当たり前

ピンチや逆境は当たり前というスタンスを持つと良いでしょう。

例えば、

  • ノーアウト満塁で逆転されそう
  • PKを与えてしまった
  • 対戦相手が強豪校に決まってしまった

など、スポーツをしていると困難な壁が何度も立ちはだかります。

そのたびに落ち込んだり、へこんだりしてると、

ネガティブ思考になってネガティブな結果を招いてしまいます。
長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

そういった負のスパイラルに陥らないようピンチがあって当然と思うようにしておきましょう。

2.プラス思考を心がける

「大丈夫、自分達は乗り越えられる!」といったプラス思考を基本スタンスにしましょう。

プラス思考というと、良い面だけを見るものと思われがちですが、そうではありません。

良い面だけではなく、不利な面や悪い面も考えた上でポジティブな状態を保つということです。

例えば対戦相手が自分達よりはるかに強い強豪校となった場合、

やみくもに「勝てる、勝てる、勝てる」と思っても心の中で「ほんとなんだろうか?強がりじゃないか?」と疑問を抱いてしまうでしょう。

そうではなく、「相手は確かに強い。しかし、守りは上手くないと聞いている。

もし勝てなくても強豪校のプレースタイルや技術を学べる良い機会だ。

正々堂々試合をするぞ!」などと思えば、前向きでプラスな考え方といえるでしょう。
ペップトークは知っておこう!│試合、商談、教育現場の最強コミュニケーション術

何か嫌なことや辛い事があったとき、自然と沈んだりネガティブな気持ちになってしまいがちですが、

気合を入れなおしてポジティブに、プラス思考でいることを心がけましょう。

3.苦しい状況が人を成長させる

「ピンチは当たり前」や「プラス思考」を心がけても、苦しい状況は訪れます。

しかし、逆境が人を成長させます。

  • スポーツをしていた時はミスして怒られ続けた。だから社会人になった今は少々の事では動じない。
  • 部活の練習は苦しくて嫌だった。けど引退してそのスポーツを愛していたことに気づいた。今ではそのスポーツを子ども達に教えている。‥など。

困難を経験することで、見えなかった課題や弱点が浮き彫りになって対策を練ることができます。

その困難を克服した暁には、今までにはない新しい力を手に入れていることでしょう。

逆境や失敗は失うことが多いように感じますが、

長い目で見ると良い経験になっていたり得るもののほうが多かったりするのです。

メンタルトレーニングのやり方

1.思い込みを捨てる

人間は誰しも考え方にクセがあります。

育ってきた環境や性格によって、思考に偏りが出てしまいます。

たとえば、1回失敗しただけで「自分は絶対に失敗する」と思い込んでしまうことがあります。

以下に”認知の歪み”の代表例を3つあげておきます。

・全か無か思考

物事を白か黒しか認めない思考のことです。

練習試合でさえ、負ければ不幸のどん底のような気持ちになってしまう、という状態でしょうか。

負けから学べることもたくさんあるのです。

・過度な一般化

1,2回ミスしただけで自分は絶対にミスすると決め付けてしまう思考です。

・心のフィルター

自分はこれまでの人生で何も良いことはなかったと思い込む思考です。

全てが悪いという人生はありません。

良かったことが思い出せないか無意識に遮断してしまっているのです。

これらの感情に陥った時、考えてほしいのは「本当に自分は正しいのか?」ということです。

正しい場合もありますが、間違っている場合も多いのです。

自分の考えが正しいとは限りません。

冷静になって状況を紙にでも書くと良いでしょう。

状況や感情を整理するためです。

そうすれば他の考えも思いつくはずです。

2.気持ちを切り替える

ミスして反省することは大切です。

  • なぜ失敗したのか
  • どうすればミスを防げるようになるのか

これらのことを考えて行動に移すから成長します。

しかし、ネガティブな思いを引きずってはいけません。

反省した後は気持ちを平常心に戻していきましょう。

過ぎ去った過去を考えても仕方ないのですから。

3.運動する

意外に思われるかもしれませんが、運動には気持ちを前向きにさせる効果があります。

詳細は「筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由」に書いていますが、

運動(特に有酸素運動)にリラックス効果があることが科学的に証明されています。

ココロとカラダはつながっていますので、心が曇ってしまう時はカラダを動かしてリフレッシュしましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか?

メンタルは筋肉と同じように鍛えることができるものです。

ネガティブな人でもポジティブな考え方をしているうちに変わってきます。

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる。」

(ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者))

ココロもカラダも鍛えて健やかな毎日を過ごしましょう!

本日もありがとうございました。

■関連商品はこちら
スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

黒田博樹の名言が深すぎる!│ミスターカープの哲学を学ぶ

黒田博樹の名言 変化を恐れない。むしろ受け入れる 毎年、自分が変わっていかないことには本当に打たれます。 去年からは緩急の差を

メンタル名言

葛西紀明の名言からレジェンド級の結果を残すヒントを学ぶ┃夢は努力で叶える

レジェンドと呼ばれる男「葛西紀明」 https://t.co/vKUuyJUpLl韓国・平昌で開かれたジャンプ男子W杯に出場した葛西紀明選

メンタル名言

メッシの8つの名言│成功するまで努力する

メッシとは? The Catalan derby is on the line. It’s time for Leo to clai

メンタル名言

大谷翔平の名言が意識高すぎてシビれる!┃上を目指すから上にいけるということ

大谷翔平の名言 「チームにとって大事なシーズン最初の試合、勝てるように頑張ります」 #EZOlution pic.twitter.co

メンタル名言

これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法

トレーニングのモチベーションを上げる5つの方法 1.「なぜ、やるのか」をはっきりさせておく(目標の明確化) ”初心忘るべからず”とい

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール

トレーニングの5原則と3つの原理を知ってますか?│全トレーニングの基礎です

トレーニングの5原則と3つの原理 これからお伝えするのは「トレーニングの5原則と3つの原理」です。 トレーニング方法や負荷の

その他トレーニングトレーニング理論

「王 貞治」の名言がプロ意識高すぎる言葉であふれている!│結果を残す思考を学ぶ

「王 貞治」氏の名言 あけましておめ(※以下同文) 球団事務所は、本日が仕事始め! 今年も「1(ワン)ダホー!」に気合い入れていき

メンタル名言

桑田真澄の名言と名エピソードをじっくりまとめました!┃自信・感謝・向上心の大切さ

桑田真澄の名言 試練が人を強くさせる 「試練や困難は砥石。」 桑田真澄は、ピンチや困難に直面すれば、そしてそれが大きければ大き

メンタル名言

「ゴールデンサークル理論」を知って選手やファンを熱狂させよう!│選手のスキルアップも加速させる

ゴールデンサークル理論とは? ゴールデンサークル理論を改めて説明すると、「Why(なぜ)」「How(どうやって)」「What(何を)」の順

コミュニケーションメンタル

筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由

ココロもカラダも、壊れることで強くなる カラダはトレーニングで筋組織を壊すことで、筋肉が成長し強くなります。 同じ力が加わっ

メンタルメンタルコントロール筋トレ