メンタル名言
2016.10.13

長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました

トレーニングは強さだけでなく優しさも育つ

こんにちは、GronGブログ編集部です。

50歳を超えてもなおハイパフォーマンスなコンサートを演出し、強靭な肉体を維持する長渕剛。

ミュージシャンである彼が、なぜアスリート並みにカラダを鍛えようと思ったのか。

どんなトレーニングをして、どういう意気込み・心構えで日々を過ごしているのか。

そのあたりをお話していきたいと思います。

本日もよろしくお願いします。

長渕剛とは

説明はいらないかも知れませんが、長渕剛は1956年9月7日生まれのシンガーソングライター・俳優です。

鹿児島生まれ鹿児島育ちで『とんぼ』『乾杯』『しゃぼん玉』など数々のヒット曲を世に送り出した人物です。

帰れって言うんだったら、お前が帰れ!」と無名時代から観客に言い放ったり、

銭金の問題じゃないところで、みんな頑張てんだろ!だったらよう、ちゃんとやれよ!命かけてやってんだから。落ち込めもっと!以上!!」と

ミスしたギタリストに大声で叱ったりと、熱いイメージが長渕剛にはあります。

しかし幼い頃は病弱で体が弱い少年だったといいます。

小児喘息を患っていたため病院通いの毎日で遠足などには参加できなかったとか。

そのため中学生になっても貧弱な体のままで、同級生にからかわれたり、好きな子にフラれたりしたそうです。

精神的ショックに耐え切れず、登校拒否寸前まで落ち込んだのもうなずけます。

肉体改造に目覚めたきっかけ

肉体改造に目覚めたきっかけはツアーでの屈辱的な出来事にありました。

それは、体調を崩してツアーの後半を中断してしまった出来事です。

6枚目のアルバム『HUNGRY』で全国40本のツアー計画だったのが、20本しか出来ずドクターストップがかかる始末。

この時、はっきりとカラダを作り直そうと決意したのです。

そしてトレーニングはプロに指導をお願いしました。

 「自己流では、オレ自身が理想とする音楽活動、ステージパフォーマンスはできない!

体力的にも、見栄えも。かっこいい衣装を探す前に、優秀なスタイリストに頼む前に、己の身体を作るのが先だ!そう確信した」

長渕剛のトレーニング方法


・朝7時から20分間のストレッチ

・その後2時間の本格トレーニング

・朝ごはん

<トレーニング内容>

懸垂、腹筋、背筋、ラットプルダウン、縄跳びなど。

朝起きて2時間もトレーニングするのはボディビルダー並みです。

その日やると決めたことが出来なかった場合は、翌日に倍するとのこと。

ストイックすぎます!

<朝ごはん>

蒸し魚、生野菜、生野菜のしぼり汁、サラダ

炭水化物は1食80gまでと決めているようです。

なぜトレーニングをしようと思ったのか

先ほどツアー中に体調を崩したことがきっかけと書きましたが、それだけではありません。

若くしてヒット曲に恵まれた長渕剛のまわりには、お金にたかる人間ばかりとなり、信じていた人に裏切られたりしたようです。

「はらわたが煮えくりかえるほど人を恨んだこともあった。

信頼する人間に欺かれると、自分のすべてをはぎ取られたように自暴自棄になる。

でも、しばらく経つと、思うんだ。裏切る人間を近くに置いたのは誰よ?とね。

オレが選んだんじゃねえか!って。若い時にヒット曲が生まれて、周りに人がたくさん集まってくると、自分が特別に思えてしまう。

有頂天になる。人生に勝った気分になって、猿回しのサルのような己に気付かない。

そんな、どこまでも天狗になった自分の鼻をバーン!と蹴り折られたのが30代だったのかもしれない」

何が起きても動じない真の強さがほしい

長渕剛がトレーニングをするのはカラダを鍛えるだけでなく、ココロも鍛えたかったからなのです。
筋トレでメンタルが鍛えられる5つの考え方とその理由

長渕剛の哲学

長渕剛の哲学、考え方が凝縮された言葉をご紹介します。

「デブは敗北だ。」

自己管理ができていない人間はだめだということです。

年齢や忙しさを言い訳にして太ってしまうのは最悪です。

やることはシンプルで、適切な食事をとる、運動するといったことですね。

「男は、意地のためには、プライドは捨てる。恥をかいても目的に向かっていくことを諦めちゃだめだ」

一流アスリートがウヨウヨいるジムに入会したのですが、出来ない自分に自尊心が傷ついたといいます。

そこでジムに通えるレベルの基礎から作り直すために、ジムの会長を自宅兼ジムに来てもらってトレーニングを続けたそうです。

諦めずに、出来る手段を考えていく…それはトレーニング以外でも同じことだと思います。

「力抜くのがダメで、余力を残して生きるのが嫌。ヘトヘトに疲れて生きたい」

ヘトヘトにならなかった日は、そんな自分にイライラしてスクワットをしたりするようです。

1日やり切った、全力で生きたという貪欲さが大切ですね。

「トレーニングでは、強さだけではなく、優しさも育つ。」

ベンチプレスにはアシスタントが必要です。100kgを挙げる時に、父親ほどの年齢の宮畑会長が傍で「挙げろ!行ける!」と勇気づけてくれたといいます。

そうした体験を重ねることで感謝と優しさが育っていったようです。

「歯を食いしばった。恥をかこうが、胸板薄っぺらいねー、と笑われようが、何年後かに理想の身体で理想のステージをやるという意地だけで続けた。」

100kg以上のバーベルを当たり前のように持ち挙げる中で、長渕のスタートは5kgのダンベルからでした。

誰も口を利いてくれず、情けない思いでいっぱいだったようです。

今は弱くても、腐らず絶対に強くなってみせる!といった強い意志や思いを持って行動に取り組むことの大切さを教えてくれています。

おわりに

ロゴ

いかがだったでしょうか?

つい自分に甘くしてしまったり、苦しいことから逃れてしまうのが人間です。

しかし、それでは理想の自分にはなれません。
これで続く!トレーニングのモチベーションを強烈に上げる5つの方法

苦しくなったらむしろ楽しむ気持ちが大切なのかもしれません。

その経験が人を強くさせるのですから。

本日もありがとうございました!

■関連商品はこちら

これだけで、自宅がジムに。

背筋を伸ばしたり、広背筋・腹筋・大胸筋・上腕三頭筋を鍛えたい方におすすめなぶら下がり健康器です。 ハードな筋トレから、ソフトなエクササイズまで多彩なトレーニングが可能です。また、身長に合わせて高さを調節できます。

ぶら下がり健康器

販売価格:13800円(税込)

縄跳びはトレーニングの基本

クッション素材のハンドグリップは通気性・滑り止め機能に優れておりしっかり握ることができます。 ハンドル部分にはベアリングが入っていますので、ロープが絡まりにくく、回転速度を維持することができます。

縄跳び

販売価格:680円(税込)
長渕剛の肉体改造がストイックすぎる!│折れない心とトレーニング法をまとめました
グロング(GronG)編集部 グロング(GronG)編集部です。スポーツ・トレーニング・エクササイズ・ダイエット・健康関連用品の商品情報を発信しています。
■関連記事一覧

日本一アツい男!松岡修造の名言から明るくなれる考え方を学ぶ

松岡修造とは? 松岡修造 1967年11月6日生まれ。 身長188cm、体重85kg。 大型ビッグサーバーとして強烈なサ

その他名言

浅田真央の名言Ⅲ│技術は尽きない、常に上があるということ

浅田真央とは? 浅田真央とは、1990年9月25日生まれの愛知県出身。 2010年のバンクーバーオリンピックで銀メダリストになったことを

その他名言

キング・カズ「三浦知良」の名言が男前すぎる!┃人生の荒波の乗り越え方と批判へのさわやかな応え方

キング・カズ「三浦知良」の挑戦力がハンパない! 2/26松本戦当日に50歳の誕生日を迎えるカズ選手。 メモリアルなシーズンとなる20

メンタル名言

浅田真央の名言Ⅱ│いくつになっても素直な気持ちでスケート愛がわかる名言の数々

浅田真央とは? 新ヒロイン・三原麻依誕生でも消えない「真央の存在感」https://t.co/tubYZ8vwU2「日本国民にとって女子フ

その他名言

錦織 圭のメンタルを最強にした3つの方法│マイケル・チャンの指導力

マイケル・チャンが錦織のメンタルを変えた 『マイケル・チャンのテニス塾』がDVD付き書籍となって、宝島社より発売中!写真・図解付きで深

メンタルメンタルコントロール

黒田博樹の名言が深すぎる!│ミスターカープの哲学を学ぶ

黒田博樹の名言 変化を恐れない。むしろ受け入れる 毎年、自分が変わっていかないことには本当に打たれます。 去年からは緩急の差を

メンタル名言

「タイガー・ウッズ」の5つの名言から夢と目標を持つ大切さを学ぶ

ゴルフ界のスーパースター「タイガー・ウッズ」が語る夢を持つことの大切さ After several months of testing

メンタル名言

栗山英樹の名言から組織を勝利に導く手法を紐解く│日本一の野球監督の教え

栗山英樹監督とは? 優勝旅行へ出発です✈️#lovefighters #宇宙一になったぞ #爆ぜた pic.twitter.com/W

メンタル名言

桑田真澄の名言と名エピソードをじっくりまとめました!┃自信・感謝・向上心の大切さ

桑田真澄の名言 試練が人を強くさせる 「試練や困難は砥石。」 桑田真澄は、ピンチや困難に直面すれば、そしてそれが大きければ大き

メンタル名言

スポーツメンタルトレーニングの3つの心構えと実践法│ココロは、強くなる

なぜメンタルが重要なのか? スポーツの世界では「心・技・体」(しんぎたい)という言葉がよく使われます。 簡単に説明すると、

その他トレーニングメンタルメンタルコントロール