menu
MENU

クレアチンはダイエットに活用できる栄養素なのか?

坂口 真由香
最終更新日:2021.01.28
グロング専属 管理栄養士

ボディビルダーやトップアスリートの中で愛用されるクレアチン。最近では高強度なトレーニングに励むトレーニーの中でも人気な栄養素となってきました。

トレーニング上級者が愛用しているのなら「ダイエットにもよいのでは?」と疑問に思ったことはありませんか?

今回のコラムでは「クレアチンはダイエットに活用できるのか」について詳しく解説します。

クレアチンとは

クレアチン

クレアチンは肝臓や腎臓、膵臓でアルギニンやグリシン、メチオニンから合成される有機酸の一種です。体内のクレアチンの60%がクレアチンリン酸として存在し、そのほとんとが筋肉内に蓄えられているのです。

日常生活の動作やスポーツなどで筋肉を動かすためにはエネルギーが必要で、ATPと呼ばれるエネルギーを利用します。

ただし筋肉に貯蔵されているATPはわずかであるため、運動(筋肉の収縮)を継続するために3つのエネルギー代謝回路が備わっています。この代謝回路はうまくできており、運動の強度や時間によって使用する経路が異なるのです。

3つのエネルギー代謝回路

ATP-CP系(クレアチンを利用)

筋肉にはATPよりもクレアチリン酸が多く蓄積されています。このクレアチンリン酸を利用してATPを再合成する経路が「ATP-CP系」です。この経路は筋肉内のATPが分解されて減少すると、瞬時に反応してATPを補充するのです。

筋肉にはATPの5倍~6倍の量ものクレアチリン酸が蓄えられているものの、瞬時にクレアチンに分解されます。そのためATP-CP系のみでは運動を長時間持続できず、8秒程度しかもたないといわれています。よってウェイトリフティングや瞬発力を要する運動時に働く回路なのです。

解糖系(無酸素性解糖系)

食事から糖質を摂取すると血液中で血糖となり、筋肉と肝臓にグリコーゲンとして蓄えられます。これらの糖質をエネルギー源としてATPを再合成する経路が「解糖系」です。

解糖系には酸素を必要としない経路と酸素を必要とするものがあります。「無酸素性解糖系」は酸素を利用せずに糖質からエネルギーをつくります。そのためつくられるATPの量も少なく、筋トレや短距離走といった30秒~60秒程度の運動で利用されるのです。

有酸素系

「有酸素系」は酸素を使ってエネルギー代謝をおこなう経路です。有酸素系は解糖系よりも多くのステップを経てATPの合成をおこなうため、大量のATPを合成でき長時間の運動時に働きます。

ジョギングやウォーキングといったATPが緩やかに消費される運動では、酸素を取り込みながら時間をかけてATPを再合成できるため、長時間の運動が可能となるのです。

クレアチンはダイエットに有効か

クレアチンはダイエットに有効か

それでは本題のクレアチンがダイエットに有効かどうか考えてみましょう。

運動中のエネルギー源となる

運動やトレーニングの実施時間、強度で利用されるエネルギー経路は変わってきます。ダイエットをするにあたり、どのような運動をするかによってクレアチンが利用されるかどうかが決まります。

ウエイトリフティングなど瞬発力を要するようなトレーニングであればクレアチンが利用されるため、クレアチンの補給が大切になってくるでしょう。

一方でジョギングやウォーキングといった酸素を利用する運動では、「有酸素系」のエネルギー回路から作られたATPを利用します。有酸素系が働く運動においてクレアチンは必要ないのです。

つまりクレアチンを必要とする運動とそうでない運動があります。自身の運動時間や強度を振り返り、クレアチンが必要かどうか考えみてください。

筋肉増加のサポート

クレアチン自体に筋肉を増加させたり脂肪を燃焼する働きはありません。しかしながら高強度のトレーニングや瞬発力を必要とする運動でクレアチンをチャージしておけば、強い筋力を発揮できる時間もその分だけ長くなるでしょう。

いつもより長時間トレーニングに励むことで筋肉の成長につながります。また筋肉が増えることで代謝が上がり、脂肪燃焼の高まりを期待できるのではないでしょうか。

クレアチンで体重が増える?

クレアチンは水分やグリコーゲンを筋肉へ引き込む性質があるため、筋肉が水分を含みパンプアップしやすくなります。クレアチンローディングをおこなうと、体重あたり1%~2%の増加を認めることがあるといわれています[1]

クレアチン特有の性質を太ると勘違いしてはなりません。「スナック菓子を食べて脂肪が増えた」とは理由が異なります。体重が増えたのは筋肉にエネルギーが蓄えられた結果であり、運動して筋肉を鍛えるほど水は抜けるといわれています。

まとめ

どんな運動をするかによって利用するエネルギー経路が異なるとわかりました。またクレアチンは脳でも重要な働きをするとわかっており、記憶力などに関わる大切な栄養素です。

バランスの良い食生活をしていると1g~2g摂取できるといわれており[2]、これは筋肉に貯蔵される量の60%~80%に相当するといわれています。肉や魚といったタンパク質を欠かさず摂り入れるといいでしょう。

参考文献

石井直方(2020)「スポーツ科学の基礎知識 筋肉の機能・性質パーフェクト事典」

1. Powers, M. E., Arnold, B. L., Weltman, A. L., Perrin, D. H., Mistry, D., Kahler, D. M., … & Volek, J. (2003). Creatine supplementation increases total body water without altering fluid distribution. Journal of athletic training, 38(1), 44.

2. Kreider, R. B., Kalman, D. S., Antonio, J., Ziegenfuss, T. N., Wildman, R., Collins, R., … & Lopez, H. L. (2017). International Society of Sports Nutrition position stand: safety and efficacy of creatine supplementation in exercise, sport, and medicine. Journal of the International Society of Sports Nutrition, 14(1), 1-18.

この記事をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

コンディションのサポートなら
アミノ酸

アミノ酸には必須アミノ酸が9種類、非必須アミノ酸が11種類あります。
必須アミノ酸は体内で合成することができないため、食事やサプリメントからの摂取が必要です。

また非必須アミノ酸も、トレーニングや健康維持など
ご自身の目的によっては意識的に摂取しなければいけません。

各種アミノ酸の摂取には、手軽に効率的に摂取できる「サプリメント」がおススメです。

各種アミノ酸サプリメントを
チェックする
坂口 真由香 グロング専属 管理栄養士
この記事を書いた人
グロング専属 管理栄養士

GronG TEAM GEAR(チームギア)所属の管理栄養士。管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、フードコーディネーター、サプリメントアドバイザー保有。大阪市内400床病院で6年間、献立作成や慢性期から急性期疾患の栄養管理に従事。糖尿病などの慢性疾患を対象に年間4,500件ほどの栄養相談・サポートを経験。

RECOMENDED
関連記事
CATEGORY
カテゴリー一覧