menu

食物繊維のある生活

食物繊維の概要と種類
  • CATEGORY 01
  • 食物繊維の概要と種類

ペクチンとは?その効果と働きについて

坂口 真由香
グロング専属 管理栄養士
最終更新日:2020.12.21

果物や野菜に含まれる食物繊維の一種「ペクチン」。膨張してゲル化する特徴からジャムやゼリーなどにも利用されており、私たちが日頃から口にしている食物繊維です。

食物繊維にはさまざまな健康効果が期待されています。ペクチンには一体どのような働きがあるのでしょうか。今回は「ペクチンの概要とその効果」について解説します。

ペクチンとは

ペクチンとは、リンゴの搾りかすやレモン、オレンジなどの柑橘類の皮を原料とする食物繊維です。1825年にフランスの科学者が発見しました。ギリシャ語の“pectos(濃厚な、固まる)”に由来する言葉から「ペクチン」と命名されたといわれています。

ペクチンは名前の由来のとおり、ゲル化する性質をもっています。ジャムがトロトロになるのも果物に含まれるペクチンによるものです。その他、果肉のみずみずしさを保つなど重要な働きをしています。

ジャムの秘密

ジャムのとろみは、果物に含まれるペクチンによるものです。ペクチンがトロトロに変化するためには「加熱」、「砂糖」、「酸」が必要です。ペクチンは加熱により溶けはじめ、砂糖が入ることで、ペクチンの水分を吸収しゼリー状になります。

またとろみには、

といったバランスが条件となります。果物に含まれるペクチンや酸の含有量はフルーツによって異なります。ペクチンが少ないブルーベリーや桃のジャムを作るときにはペクチンを補うのがポイントです。

ペクチンは柑橘系の果物やリンゴの芯に多いので、一緒に入れるとなめらかなジャムに仕上がります。

ペクチンの効果・働き

ペクチンの効果・はたらき

水溶性食物繊維の働き

ペクチンは果物や野菜に含まれる水溶性食物繊維の一種です。

水溶性食物繊維は腸内でゲル状となり、腸を掃除しながらゆっくりと移動し、便がスムーズに排泄される手助けをしています。とくに日本人は水溶性食物繊維の摂取量が不足しているといわれており、積極的に摂り入れたい栄養素ですね。

腸における働き

腸管には細菌やウイルスなど何兆個もの微生物が生息し腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しています。善玉菌や悪玉菌、日和見菌など多くの菌がバランスを保ちながら健康に寄与してくれているのです。

ところが有益な腸内細菌であっても組織内に侵入すれば、身体は異物と判断して過剰な免疫反応を起こしてしまいます。組織内への侵入を防ぐため、腸は粘膜上皮で覆われており、粘液を1日3L分泌しています。粘液によって細菌やウイルス、有益な菌の侵入を防いでいるのです。

つまりバリア機能が健全に機能するかが重要で、ペクチンなどの食物繊維が、いくつかのメカニズムを経て粘液層を強化するのではないかと考えられています[1]

またラットの研究では、ペクチン入りのエサを食べることでムチンの分泌を刺激する可能性があると報告されています[2]

血糖値・コレステロールへの影響

水溶性食物繊維の一種であるペクチンには、血糖値やコレステロールを抑える働きが期待されています。動物実験ではペクチンが血糖値抑制の手助けとなると報告されています。しかしながら人間を対象とした研究では、効果が見られなかったようです[3]

またペクチンの摂取量と頸動脈肥厚の進行が逆相関すると報告されています。しかし果物や野菜に含まれる他の成分の影響もあるかもしれないとされています[4]

そのためペクチン単体による血糖値やコレステロールへの影響は、さらなる研究が必要と考えられます。

まとめ

ペクチンはトロトロのジャムに欠かせない栄養素でしたね。ペクチン単体での効果や働きについては、更なる研究が待たれるところです。

人間の身体は多くの栄養素が協力して生命活動を維持しています。少なくとも野菜や果物に含まれる食物繊維が与える健康への貢献については、多くの研究で証明されています[5]

ペクチン単体でのパワーは弱くとも、他の栄養素と協力することで相乗効果が期待できるのではないでしょうか。

参考文献

1. Beukema, M., Faas, M. M., & de Vos, P. (2020). The effects of different dietary fiber pectin structures on the gastrointestinal immune barrier: impact via gut microbiota and direct effects on immune cells. Experimental & Molecular Medicine, 52(9), 1364-1376.

2. Hino, S., Sonoyama, K., Bito, H., Kawagishi, H., Aoe, S., & Morita, T. (2013). Low-methoxyl pectin stimulates small intestinal mucin secretion irrespective of goblet cell proliferation and is characterized by jejunum Muc2 upregulation in rats. The Journal of nutrition, 143(1), 34-40.

3. Schwab, U., Louheranta, A., Törrönen, A., & Uusitupa, M. (2006). Impact of sugar beet pectin and polydextrose on fasting and postprandial glycemia and fasting concentrations of serum total and lipoprotein lipids in middle-aged subjects with abnormal glucose metabolism. European journal of clinical nutrition, 60(9), 1073-1080.

4. Wu, H., Dwyer, K. M., Fan, Z., Shircore, A., Fan, J., & Dwyer, J. H. (2003). Dietary fiber and progression of atherosclerosis: the Los Angeles Atherosclerosis Study. The American journal of clinical nutrition, 78(6), 1085-1091.

5. Anderson, J. W., Baird, P., Davis, R. H., Ferreri, S., Knudtson, M., Koraym, A., … & Williams, C. L. (2009). Health benefits of dietary fiber. Nutrition reviews, 67(4), 188-205.

この記事をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
普段の食事で「食物繊維」は満足に足りていますか?

厚生労働省が公表している日本人の食事摂取基準(2020年版)によると、食物繊維の理想的な目標量は成人では24g/日以上とされています。しかしながら、現代の日本人の食物繊維摂取量は極めて少なく、目標量に到達していない現状です。
昨今、重要な栄養素と考えられている食物繊維の摂取は、手軽に効率的に摂取できる「サプリメント」がおススメです。

GronG SUPPLEMENT

バーリーマックス・イヌリン・難消化性デキストリン
食物繊維サプリ一覧をチェックする
坂口 真由香 グロング専属 管理栄養士
グロング専属 管理栄養士

GronG TEAM GEAR(チームギア)所属の管理栄養士。管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、フードコーディネーター、サプリメントアドバイザー保有。大阪市内400床病院で6年間、献立作成や慢性期から急性期疾患の栄養管理に従事。糖尿病などの慢性疾患を対象に年間4,500件ほどの栄養相談・サポートを経験。

CATEGORY
コラムカテゴリ

PRODUCT LINE UP

GronGが提供する食物繊維の補給に特化したサプリメント商品をご覧ください。

製品一覧を見る