menu
プロテインの読みもの

プロテインでバストアップは可能か?

坂口 真由香 グロング専属 管理栄養士
グロング専属 管理栄養士
最終更新日:2020.06.16

誰もが羨む美しくて大きいバスト。一度は悩み、手当たり次第にいろいろとやってみた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか……。

マッサージやサプリメント、プロテインなどに期待されている方もいらっしゃるようですが、これらについては賛否両論あるようです。

今回の記事では、プロテインを摂取することで「バストアップが可能なのか?そうでないのか?バストと栄養に着目して解説していきます。

バストの構造

バストの構造

バストの構造を知ることで、栄養との関連性がより理解しやすくなります。それでは早速みていきましょう。

バストは、乳腺脂肪組織クーパー靭帯というコラーゲン繊維の束で成り立っており、それらを大胸筋が支えています。乳腺は遺伝の影響を大きく受け、個人差があるといわれています。そして、乳腺の隙間を埋めるかのようにあるのが脂肪組織で、乳腺や脂肪組織が脇に流れないように繋ぎ役として働いているのがクーパー靭帯です。

乳腺の数が多く、大胸筋との間の脂肪が少ないと、バストの形を維持しやすいといわれています。また乳腺は、脂肪組織と比較して硬く動きにくいため、数が多いと垂れにくいといわれています。

バストが垂れる原因

バストが垂れる原因として、

  • 加齢
  • 間違った下着の選び方
  • クーパー靭帯の伸び
  • 大胸筋が乏しい
  • 太り過ぎ

などが考えられるといわれています。年齢や下着の選び方については今回触れませんが、その他の原因について詳しく探っていきましょう。

クーパー靭帯の伸び

クーパー靭帯は、乳腺や脂肪組織を大胸筋や他の組織に繋ぎ止める働きあります。

このクーパー靭帯がピーンっと張っていることが、バストを維持するための秘訣の一つといわています。しかしながら加齢や妊娠・出産で、バストが一時的に大きくなり負担がかかってしまったり、姿勢が悪いなどの原因で伸びたり、切れてしまったりするようです。

そして残念なことに、一度でも伸びきったり、切れたりしてしまうと元に戻らないといわれています。

大胸筋が乏しい

大胸筋はバストの支えとなっている土台であり、この土台が崩れてしまうと、胸全体が垂れ下がってしまうといわれています。

太り過ぎ

脂肪組織があることで柔らかいバストとなるため、適度な脂肪は必要です。

太り過ぎでたくさん脂肪がある場合、バスト全体は脂肪があることで大きくなります。しかしその脂肪組織を支えなけらばならないので、クーパー靭帯には負担がかかってしまい、垂れ下がってしまう可能性があるようです。

ハリのあるバストを目指す

ハリのあるバストを目指す

タンパク質の摂取

美しいバストの要である、クーパー靭帯と大胸筋。これらはタンパク質できており、いかにタンパク質を効率的に取り入れるかがバストアップの秘訣であるといえるでしょう。

成人女性が1日に必要とするタンパク質摂取量は、おおよそ50gといわています[1]。もちろん、トレーニングなどされている方はもっと必要な場合があります。

この50gという値、3食バランスよく食べていれば簡単に達成できる数字です。しかしながらバランスが偏っていたり、朝食を抜いてしまったり、ダイエットなどで極端にエネルギー制限をしている場合は、タンパク質の不足を招きがちです。

悪い食事例

朝食

名称カロリー(kcal)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)
トースト1565.32.528
コーヒー80.201.4

昼食

名称カロリー(kcal)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)
ペペロンチーノ56113.222.371.7
サラダ801.76.35.6

夕食

名称カロリー(kcal)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)
鳥のソテー(80g)21616.115.31.7
サラダ801.76.35.6
ごはん(120g)20130.3645
味噌汁262.30.64.2

合計

名称カロリー(kcal)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)
total132843.554163.2

一見、朝昼夕としっかり食べており、OKとしたいところですが……。タンパク質量43.5gと不足していますね。一体どうしてでしょうか?

それは朝昼のタンパク質摂取が不足しているからです。必要なタンパク質量を達成するには、「毎食」タンパク質食品を取り入れることが大切です。

筋肉は、常に合成と分解を繰り返しています。食事からのタンパク質摂取が不足している状態では、分解に傾いてしまいます。筋肉を分解してタンパク質を供給している状態となるので、筋肉がどんどん失われてしまっているのです……。

筋肉が落ちるとプロポーションは悪くなりますし、代謝も下がってしまうため太りやすい身体へとなってしまい、バストアップどころではないという事態へ……。

それではどうすれば改善できるのでしょうか?

毎食タンパク質を取り入れる

このように毎食、タンパク質食品を取り入れることで50gは簡単に摂取することができます。

また筋トレブームで、美を維持するためにトレーニングしている方も多いことでしょう。トレーニングをされている方は、運動量に応じてタンパク質摂取量をアップしていくことをおすすめします。

トレーニング量にもよりますが、一般的に1日体重1kgあたり1.4~2.0g必要といわれており、体重45㎏の女性であれば63~90gのタンパク質が1日に必要というわけです。

といわれても、いちいち計算して食べるのは大変でしょう。それではおおよそ「毎食、自身の手のひらに乗るサイズ」のタンパク質食品を、1~2品ほど摂取するとよいでしょう。それでも「量が多くて食べられない」、「カロリーが気になる」という方は、プロテインで補うのも一つの手段です。

女性の手の平に乗る肉

おおよそ女性の手のひらに乗る肉や魚のサイズは60~80gで、そのうちタンパク質はおおよそ10~15g程度含まれています。一つの目安として参考にしてみて下さいね。

適度な脂質摂取

バストにある程度の脂肪があることで、ふっくらとした形になります。よって極端なダイエットや脂質制限をすることはおすすめしません。

脂肪は悪者のようにとられがちです、美には適度な脂肪も必要です。皮膚が水を弾くのも脂質があるからですし、脂質があることで乾燥を抑えて潤ったお肌になるのです。

大胸筋を鍛える

しっかりタンパク質を摂ったうえで、バストの土台である大胸筋を鍛えることをおすすめします。土台をしっかり作り上げることで、少なからずバストアップへ近づくのではないでしょうか。

ソイプロテインでバストアップ可能か?

ソイプロテインがバストアップに有効なのでは?と疑問に思われている方が多くいらっしゃるようです。

実は科学的にバストアップに有効とされる食品は、はっきりとわかっていません。牛乳やハーブ、イソフラボンがいいのではないか?といわれていますが、明確な研究データはないようです。

よってソイプロテインを飲んだからといって、直接的にバストアップが期待できるわけではありません。唯一可能性があるとすれば、ソイプロテインもタンパク質ですので、クーパー靭帯や大胸筋の材料源となることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

美しいバストを獲得するには、遺伝や個人差の影響もありますが、食事・運動で多少なりともカバーできそうですね。

またプロテインを飲んだらというよりは、タンパク質を摂取することが大切です。さらにクーパー靭帯を形成するコラーゲンを作るには、タンパク質だけではなくビタミンも必要です。

よってタンパク質だけではなく、バランスよく栄養素を取り入れることが一番の秘訣ではないでしょうか。

そして食事を取り入れるだけでは、筋肉は発達しません。運動をすることで筋肉の合成が促進されます。筋肉をつけることは大変ですが、バストアップだけではなく全身のプロポーションの改善も期待できます。

「美乳は1日してならず」日々の食事と運動をしっかり行い、美しいボディを獲得してくださいね。

ホエイプロテイン100 ストロベリー風味 1kg
ホエイプロテイン100 ストロベリー風味 1kg

参考文献

1. 厚生労働省. 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書. https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html

この記事をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

今すぐGronGのプロテインを
チェック!

GronGのプロテイン
坂口 真由香 グロング専属 管理栄養士
この記事を書いた人
グロング専属 管理栄養士

GronG TEAM GEAR(チームギア)所属の管理栄養士。管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、フードコーディネーター、サプリメントアドバイザー保有。大阪市内400床病院で6年間、献立作成や慢性期から急性期疾患の栄養管理に従事。糖尿病などの慢性疾患を対象に年間4,500件ほどの栄養相談・サポートを経験。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE